南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで2歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

バングラデシュ・年越しは在宅勧告

f:id:chinamk:20191230140843j:plain

2019年も残り2日となりました。

毎日「ダッカでの駐在の日々が一瞬で終わればいいのに」後ろ向きな考えで過ごしておりましたが、年末ともなると、意外と早かったなあと思います2020年にはどうかどうか転勤になりますように。笑。(悪いところではないが、特に身動きの取れない乳幼児連れが長期間引きこもるのは精神衛生上あまりよろしくない)

でも、なんだかんだで新しく物事を始めるときは、最初の1、2年くらいは辛くて3年目、4年目はめちゃくちゃ楽しいということがたくさんあった人生なので、2020年は楽しめるのかもしれない。

スポンサーリンク

 

 

バングラデシュも1月1日は警備強化

イスラムの新年は4月ごろですが、一応1月1日も新年であるという意識もあるようです。(1月1日も普通に仕事なのですが)

先日日本大使館より、年越しに向けてダッカの警察は警備を強化するという内容の連絡がありました。

治安上の理由から、全てのバーの閉鎖(今夜から。酒禁止の国だけどバーとかあるんだ)、屋上や屋外でのイベント禁止、外国人は31日午後6時までの帰宅を推奨、翌朝は8時以降の外出を推奨など。

クリスマスには、近くのホテル?から大音量のエドシーランやABBAが聴こえてくるという賑やかさがありましたが、年越しはひっそりとしているのかもしれません。(もしくはベンガル人の富豪たちがホームパーティーをやっている賑やかさはあるかもしれません)

我が家も不要不急な外出は控え、年末はひっそりと紅白でも見ようと思います。(見れるといいな)

 

自由のきかない生活に文句を言いつつも、家族3人で年越しができることに感謝して残りの2019年を過ごしたいと思います。

(妊娠中に東京でひとりで迎えた新年は想像以上に寂しかった・・!!)

 

 

東京でひとり年末年始を過ごした理由はこちらです

www.bananacake.xyz

 

www.bananacake.xyz

 

www.bananacake.xyz

主に食、ひとりで平日東京を散策してみたかったため。昔の文章って懐かしい。

 

今年はたくさんの方にブログを訪れて頂き、ありがとうございました。

来年も引き続き、どうぞよろしくお願い致します。(明日も記事を書くかもしれませんが念のため)

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。1歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。