南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

【海外で保育園】1日目の様子

ダッカの保育園に入園申し込みをしてから4日、昨日は娘の初登園でした。 

www.bananacake.xyz

 

イスラムの休日が金曜日なので、こちらの週の始まりは日曜日となるようです。

持っていったもの

特に持ち物の指定がなかったのですが、

  • 水(マグ、マグに追加する水を入れる水筒)
  • お昼ご飯(離乳食)
  • 汗拭きタオル
  • 着替え(ロンパース肌着、下のズボン1着ずつ)
  • ご飯用スタイ
  •  おむつ、おしりふき
  • おやつ(念のため)
  • 手口拭き

を適当に袋に詰めて持って行きました。

 

時間は昼前から午後の3時間半。

 

結果

お迎えの時間に行くと、私の顔を見るなり泣く娘。日本だと1時間ずつ毎日保育時間を長くしていって慣らすのかな。先生からも、「今日は泣いたけどみんなそうよ」と言われました。2日目の今日は、30分くらい保育園の中にいて、時々見えないところに座って、泣いて出てきたら顔が見えるようにする、というのを繰り返していました。日本で一時預かりをしてもらったことも何回かあったけど、あの頃は4ヶ月よ5ヶ月とかでまだ小さかったので、ママがいないこともさほど気づいていなかったのか。

でもお昼ご飯は残さずに、足りなかった時のために付けておいたパンもしっかり食べていました。

 

離乳食のお弁当なので、スープジャーに入れて持って行きました。 

サーモス 真空断熱スープジャー 380ml レッド JBU-380 R

サーモス 真空断熱スープジャー 380ml レッド JBU-380 R

 

 ご飯にシチューをかけるだけ。品数少ないけど良し。

 

預け時間にやったこと

昨日はベアラーさんも来ない日だったので、3時間半、初めて家で1人になりました。ここぞとばかりにパソコンを開いて作業、、というか調べもの多数。ご飯を食べる時間も惜しいので、冷凍ご飯とグリーンカレーの缶詰半分を食べました。作ってからお皿洗うまで10分。子どもができてから、子どもがそばに居ない時間や昼寝中に何かする時、集中力が高まった気がする。

時間詰め詰めで作業したので夜の寝かしつけの時には疲れ果てました。

 

毎日3時間少しの時間ができたので、有意義に使って行きたいと思います。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク