南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

バングラ在住1歳8ヶ月・話せるようになった言葉

スポンサーリンク

 

0歳6ヶ月でバングラにやって来た娘も、1歳8ヶ月になりました。もう2歳も近づいてきたなーと思いますが、早生まれなので同学年の子たちはとうに2歳を過ぎてたりするのか。 

f:id:chinamk:20191023163123j:plain

1歳6ヶ月ごろから少しずつ出て来た言葉。

最近は物や絵を指差ししては、親の言葉をリピートしています。人間ってこうやって言葉を覚えるんやな。

1歳8ヶ月・話せるようになった言葉

日本語
  • パパ
  • ママ
  • アンパンマン
  • バイキン(ばいきんまん)
  • オイさん(ジャムおじさん)
  • プバ(クマ)
  • ジョーさん(象さん)
  • めえめえ(羊)
  • わんわん(もふもふ系の犬全般、Eテレのわんわん)バングラの野犬には無反応
  • ブータン(うーたん・Eテレ)
  • にゃんにゃん(猫全般)
  • ダダぷー(ガラピコぷ〜)
  • 無言でダンス(チョロミー)
  • アオーン(ムームー)
  • あいたいどう/でったいどう(しまじろう)
  • ちょうちょ
  • ディディド(りんご)
  • ディディド(いちご)
  • ダダダ(バナナ)
  • イイね
  • 3歳です(はみがきじょうずかな などに出てくる子どもたちの真似)

 

 

ベンガル語
  • オト(起きた)
  • パット(米の意味らしい。本当に言ったか定かでない)

その他、プレスクールで先生たちに教わっているものもあるかもしれませんが、定かでない。

 

英語
  • アポー(りんご、昨日初めて言った)

 

二語文は、「ママ、いた」「OOちゃん、オト(起きた)」くらい。 家ではベンガル語は出ないようです。

スポンサーリンク

 

 

覚え方について思ったこと 

・日本語は、リピートするものと、何回見ても言わないものがある(言わないものがほとんどですが/ドキンちゃんやしょくぱんまんなど全然言わない)。

・動物などは特に、言葉と絵と歌を頭の中でリンクさせて覚えている気がする。
 (コアラの絵→パンダうさぎコアラの歌を歌いたそうにする)

 

その時々に合った絵本や幼児教材など入手するすべがないため、0歳の時に買った・もらった絵本や、こちらに来てからお下がりで頂いた絵本をめちゃくちゃリピートしています。お下がりとってもありがたい。運動系の発達はのんびりな娘ですが、言葉に関しては「りんごって言えればりんごがもらえるな、この動物の名前を言えば歌を歌ってもらえるな」などと理解しているのか、日々自分にとって有益な単語を中心に吸収しているようです。

二語分はまだほとんど話しませんが、歩けなかったときと同様、周りと比べず(ダッカにいるので比べることもないのですが)のんびりやって行きたいと思います。

歩けるようになってもうすぐ2ヶ月 

www.bananacake.xyz

 

 

次帰国したら時々誰かのお家で見るこういうやつ買おうかな

10冊セットはかさばりそうですが・・もう少し大きくなったら、クリスマスプレゼントに良さそう

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。1歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。