南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

【滞在記】オーチャードグランドコートホテル〜キッチンランドリー有り!長期滞在にもおすすめホテル

0歳のベビーと二人旅行も終盤に差し掛かりました。

主に滞在したホテルについて書きたいと思います。

私が宿泊したのは、オーチャードグランドコートホテルというところです。

ホテルの詳細>>オーチャードグランドコートホテル(エアトリのサイトに飛びます)

 

こちらを選んだ理由としては

・価格が安い(1泊1万2千円くらい、時期によると思いますが)

・キッチン、電子レンジ、洗濯機付き(離乳食準備にあると便利、洗濯も必要)

・広い

・立地がいい(買い出しに便利なオーチャードエリア)

・朝ごはんがついている

ということがあります。

ただし注意点としては、7泊以上でないと予約できないということ。実際に朝食会場に行くと、何日も同じ時間に出会う人がいました。

 

最寄駅はMRTのサマセット駅。ここの地下には日本食や日本の雑貨・化粧品なども揃う、ドン・キホーテがあり、非常に便利。サマセット駅ビルには飲食店や大きいユニクロが入り、ずっと歩いて反対側の出口を出ると、もうオーチャードのデパートが立ち並ぶエリアに。

 

お部屋の様子。建物自体は古そうで、入口も中華っぽい雰囲気が漂っているのですが、室内は改装されたのか、新しくて綺麗です。

f:id:chinamk:20181012225355j:plain

母と姉が後から合流するからということでツインにしてしまったけど、娘がベッドから落ちる恐れがあるのでずっとくっつけていました。

 

f:id:chinamk:20181012225402j:plain

ベッド側から見た図。手前に作業のできるデスクと椅子、冷凍庫もついた冷蔵庫、食事もできるカウンター、冷蔵庫の奥にキッチンがあります。

 

f:id:chinamk:20181012225400j:plain

ミニキッチンとは言わず、広々としたキッチン。引き出しの中にはフライパン、キッチンバサミや食器類、缶切りなどが入っていました。シンガポールで自炊をすることはあまりないかもしれませんが、なかなか便利。

この下にレンジ、LGのドラム式洗濯機がついています。乾燥機能もあるみたいだけど、それは使っていません。。洗濯を干す大きい物干しもあるので、ハンガーなどは要りませんでした。洗剤は要ります!

 

場所はこの辺りなのですが、駅からホテルまでの道に、小さな飲食店がずっと並んでいます。どのお店も結構賑わっていて、覗きながら歩くのも楽しい。

 初日は朝ごはんにインド料理屋さんに入って見ました。

f:id:chinamk:20181012225846j:plain

パラタというナンを薄くしたような、パイを薄くしたようなものとカレーのお店。

f:id:chinamk:20181012225844j:plain

甘いものが食べたかったので、ハニープラタとアイスミロを選択。

f:id:chinamk:20181012225852j:plain

薄いクレープのようなものですが、なかなか食べ応えがあります。ミロもたっぷりで、お腹いっぱいに。2つで5SD(400円くらい)

 

こちらのホテルは1階のレストランでの朝食がついてきます。

毎日少しずつメニューが変わります。それでも1週間いると飽きるかもですが、、

サラダ、フルーツ。卵料理いくつか、蒸した点心日替わり、お肉類、トースト、デニッシュ類、日替わりお粥などがあります。

f:id:chinamk:20181012225900j:plain

こちらで食べてもよし、道路を挟んだ向かいに雰囲気の良いベーカリーカフェがあるのでそちらで食べてもよし。

 

ホテルの詳細(エアトリのサイトに飛びます)

 

ちなみに私はホテルから一番近い、こちらの中華屋さんで3回ほど夜テイクアウトをしました。

f:id:chinamk:20181012225856j:plain

中華のおかずがたくさん並んでいて、指をさしておさらに盛ってもらうスタイルです。

野菜、豆腐、肉、魚、カレーなどがあって、だいたい3種類選んで4〜5ドルくらい。幾つでも選べます。

f:id:chinamk:20181012225902j:plain

シンガポールはこういった、ささっと用意してもらってその場でも食べられるしテイクアウトもできる 、気軽なお店が多いような気がします。

 

シンガポール情報、続きます。 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村<

スポンサーリンク