南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

カビが増えてきた

スポンサーリンク

 

f:id:chinamk:20200112023814j:plain

主人がダッカに来てから2年が経ちますが、周りで言われるほどカビの被害にあって来なかった我が家。

これまで訪れたダッカのどのお宅よりアパート全体に蚊が住み着いている我が家ですが、カビにくい家なのはラッキーだったなぁと楽観視していました。

が、去年の末に発見した洋服のカビ以降、ポツポツとカビが見受けられるように。

www.bananacake.xyz

 

冬でも湿度が高め

午後14時のダッカの気温は20度、曇り、湿度は70%とあります。

日本の冬場は

冬場に快適だと感じる室内の温度は18~22℃、湿度は45~60% 

 と言われているため、ダッカの70%はちょっと高め。

そして我が家、というか大抵の日本人家庭は洗濯物を室内干ししているので、洗濯物を干している部屋の湿度はそれよりもかなり高くなっていると思われます。

 

そして最近朝になると窓に結露が。

結露は、放置するとカビが発生してしまい、ぜん息などになるリスクが高まります。 *1

 なるほど、結露がカビの一要因でもある様子。

スポンサーリンク

 

 

最近カビたもの

布地のソファ

the360.life

娘がよくベッドから転がり落ちるので、足元に置いていたこのソファ。何度このソファの上にダイブして、頭を打つ危険を免れたことか・・。

調べてみると、なかなか良いお品のこのソファ。全体的にカビました。泣

 

ナイロンのバッグ

水着やスマホの防水バッグなど、旅行に行くときに使うプールセットを入れていたナイロンバッグ。洗濯を干している寝室に無造作に置いていました。昨日よく見ると白いカビがうっすらと。中身は無事。

 

鏡のカバー

100均で購入した、薄型、自立もするなかなか便利な鏡。これも寝室に置いていたら、ナイロンのカバー部分がカビました。神出鬼没、カビ。

 

ベビーカーにつけるバッグ

 こういうやつ

12月に使ったところやのに・・?カビていました。泣

ナイロン系の素材もカビるんだなぁ。

 

応急措置

まずは除菌スプレーでカビを落とすこと、とあったので、万能除菌スプレーであるドーバー・パストリーゼを使ってカビ除去

これ、食品にかかっても良いやつなんですね。バングラの水が信頼しきれないので、まな板など洗ってすぐ使うときは一吹きしてから使ったりしています。海外生活にあるとなかなか良いやつ。

 

カビ除去後、本当は、次は酸素系漂白剤で水拭きをしたほうがいいのですが、まだやってない。あ、明日こそはやろうかな。

 

スポンサーリンク

 

除湿機を置いてみた

妊娠中に引越しをした東京のマンション、なぜか成約記念で頂いた衣類乾燥除湿機。寒い冬でも、室内干しの下にこれを置いておけば一晩で乾くという案外めちゃくちゃ役立ったもの。変圧器を使わないとこちらの国で使えないので、面倒でなかなか使っていなかった。(今回はバーミキュラ用に置いていた変圧器を移動させて使用)

 

4時間経つと、水受けが満タンになるくらい除湿していた。

東京のマンションの極小洗面所とは異なり、だだっ広い場所に置いていたからか、洗濯物は近くに置いていたものしか乾かず。 

一晩つけてみて、朝に結露が減っていたら良いなぁ。

 

カビまでいかなくても、洗面所のタオルがなかなか乾かなかったり、お風呂のおもちゃが乾かなかったりと衛生面で心配になる日々。日本にいるときは、寒い時期に乾燥は敵すぎると思っていましたが、湿度があっても厄介ごとはあるのだなと思いました。でも冬だけどハンドクリームが必須ではないのは数少ない良いところです。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。1歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。