南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

11月・これから蚊の季節

日本では日に日に涼しく、朝晩は冷える日も増えて来ていると聞きます。

いつも日本のテレビをつけているのですが、天気予報の時間になり、「今日は過ごしやすい秋晴れ」などとキャスターの人が言っていると、羨ましくなるのでなるべく見ないようにしています。

そんな夏が長いダッカですが、10月中旬、シンガポールから帰ってくると、幾分涼しくなったような気がします。朝起きて、リビングに行くとめちゃ暑かったのが、最近は10分くらい耐えられるように。

それと同時に蚊が増える時期に入ったようです。蚊といえば夏、7月から9月くらいのイメージでしたが、まだこれから増えるんかよと思います。

そういえば去年の妊娠中、お腹がそこまで大きくないときに一度ダッカってどんなところか見に行きたいと打診したところ、蚊が多くて伝染病が怖いから来ないように会社から言われたのでした。

 

蚊の侵入源は様々。

我が家はだいたいエレベーターに2匹くらい蚊がいるので、一緒に入って来ます。あとは業者がメンテナンスに来たときは特に家の扉を開けっ放しにするので入ります。(私が家にいるときは口うるさく閉めます)

うちはまだきちんと玄関から入ってくるのがメインなのでマシな方で、隙間からたくさん入ってくる家もある様子。あとは家の周りに水が漏れていたりすると、そこで蚊が誕生する様子。。

こちらの皆さんと話していても、蚊対策について話すことが多々あります。

お聞きした対処法は下記。

  • 蚊取り線香・・・ダッカにも売っているようです。一定の効果はあるようです。
  • 隙間を埋める・・・ネットや袋などで蚊が侵入して来そうな隙間を埋める。ヒットした場合、効果大。
  • 家の周りに水が漏れているところがないか確認・・・室外機から出る水なども要注意のようです。
  • 蚊のラケットで仕留める・・・これは確実に仕留められます。殺虫剤を使わないので子どもがいても安心。どの家庭にもだいたいあります。レストランなどでも。車内にもあると便利。
  • 蚊がいなくなるスプレーをする・・・こっちの家は広いので、効くときと効かないとき有り
蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 365日分 無香料 (防除用医薬部外品)

蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 24時間持続 365日分 無香料 (防除用医薬部外品)

 

 

  • 虫除けスプレーを塗っておく・・・親子で赤ちゃんから使える虫除け兼日焼け止めを使っています。
アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml

アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml

 
  • 蚊帳・・・蚊帳ってとなりのトトロの世界でしか見たことありませんでしたが、この国では平成最後の年も必須。寝るときに耳元で蚊がブンブン言わないだけでかなり快適だと思います。蚊帳張るの難しいけど。

あとはやはり低層階の方が蚊は多いかもしれません。こちらの高層階といっても5階から8階建てくらいの家がほとんどですが。。 

蚊もいなくなり、涼しくなる日が待ち遠しいです。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村