南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

2019年3月28日バングラデシュ火災の影響

2日前の3月28日、バングラデシュの首都ダッカのオフィスビルが火事になる出来事がありました。日系企業が入っているビルだからなのか、日本でも報道されていたと聞きました。

www.fnn.jp

 

 

地図で確認したところ、外資企業も多く拠点としている地区、ちょうどその前日に買い物で近くに行ったばかりでした。

そしてダッカでタピオカミルクティーが飲めるお店、Chatimeのビルが入っているお隣。(Chatimeは今日確認するとFoodPandaも注文可能、営業してそうです)

日本人のけが人は出なかったとのことですが、夫の会社でも、知り合いがそこで働いているというローカルスタッフもいたようで、現場に駆けつけたりと慌ただしかったようです。

ビルを建てる際に承認された19階建が、実際には22階建になったとのこと。

ダッカのうちの周りや街中はどこに行っても建設が行われていますが、基本的には煉瓦造り?の様子。現場の前にレンガが山積みになっています。地震があまりない国なので、それでよかったのか。安全基準を満たしていない建物だらけ、というか安全基準自体も日本とは全然違うんだろうなと思っています。

 

この火事で、幸い周りで被害があったという話は聞きませんが、地味に影響があったのが、ネットのダウン。契約している家のネットの会社が、そのビルの隣にあり、サーバーダウンしてしまったようです。しばらくは隣のビルも出入り禁止だったため、24時間くらいダウンしたままでした。家のテレビはネット経由で見ているので、テレビなし、パソコンなし、いつも暇つぶしをしているYouTubeなし生活(外出も娯楽施設なし)は地味に辛い。日本で撮りためていた、2年前くらいのアメトーークを見てました。今はネットが回復してパソコンも見られる。朝から娘をあやしながらYouTubeでヨガもできた。嬉しい。

 

今日も明け方、別の地区のマーケットで火事があった様子。雨季の前で雨が少ないから火事が多いのか。私の住む地区でも、基本的に電線がものすごく多いし絡まっているので以前ボヤがあったことも。火災には気をつけないとなぁと思っています。こちらの家、防犯のために窓には鉄格子がかかっているので、窓から逃げたいと思うと、鉄格子の鍵を開けなくてはいけません。鉄格子の鍵らしきものが一箇所にまとめられていて、どれがどの窓のものかわからないので、重い腰をあげて、チェックしていかないと・・とぼんやり考えています。

治安もそうですが、防災についても気をつけていかねば、と思っています。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村