南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

バングラデシュ・ダッカの物価について

先日はとうとう家に野菜がズッキーニしかなくなったので、野菜を買いに行ってきました。海外法人がバングラで野菜を作っていて?、それを売っているお店に買いに行くことが多いです。

 

f:id:chinamk:20190618121624j:plain

めっちゃ雑な写真の撮り方した

小さい大根3本、キャベツ小さめ1、小さめニンジン2、小さい玉ねぎ5、トマト3、でかいピーマン1、じゃがいも2、大きめナス1が入っています。

これで400円くらい。安!ピーマンが100円ちょっとするので、それ以外で考えると激安です。味は、生だとあんまりだけど、火を通すと普通に使えます。

こちらの野菜は、kg単位で値段が決まっていることが多いので、野菜の重さの分だけ支払えばOKです。なのでニンニク1個とかパセリ2本とか、そんなに使わないものも買いやすい。

鶏胸肉とかも、500gで500円弱くらい。こっちは胸肉とモモ肉の値段差がそんなにないような・・?

外国人が買うお店でこの値段なので、市場やローカルのお店はもっと安いのでしょう。

 

バングラ国内で作っているものは激安ですが、輸入となると劇高になることが多いです。タイやロシアから輸入している果汁ジュース1Lは600円とかします。でもローカルのコーラやスプライトは250mlのペットボトルで20円くらい。

いつも野菜とスプライトくらいしか買わない我が家、買い物での支出が数百タカ(数百円)なので、たまにバングラで2500タカとか払うことになるとドキドキします。(日本円とか他の通貨だとなんとも思わない)

 

バングラで食材以外に特に買うものはないし、私これお小遣いもらってたらめっちゃ貯まるんじゃないかな。

 

f:id:chinamk:20190618123932j:plain

娘(もうすぐ1歳4ヶ月)はお絵かきが好きなようです。

保育園でもよく、白黒の絵に色を塗った作品などを持って帰ってきます。

自分の画力も向上させたいと思い、一緒に絵を描いているのですが、私が持っているクレヨンを次から次に奪う、私が描いている絵を上から塗りつぶすなどなかなか忙しいお絵かきタイムになっています。上の写真では、私の描いた絵「タピオカを持つ 赤ネイルの女の手」がぐるぐると塗りつぶされています。

1ヶ月前は、ヒョロヒョロと線を書くだけだったのが、筆圧が高まり、成長を感じます。

クレヨンは、「水で落とせるクレヨン」というものを使用。パズルマットにはみ出すことが多いですが、最後にウエットティッシュですぐ消えるので便利です。

 

最近は「肌色」じゃなくて、「うすだいだい色」という表現に変わってるんだなーと時代を感じます。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク