南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

【珍しい】日本からの郵便が届く

 

日本からのエアメールが届きました

9月、日本にいる祖父がバングラ宛に手紙を送ってくれていたのですが、届かず早3ヶ月、バングラデシュでは郵便はEMSなど追跡番号が付いているものしか届かないものだと思っていました。

www.bananacake.xyz

 

届いたものと所要時間

アパートの門番のおじさん→ドライバー→私で郵便を受け取りました。祖父が再び郵便を送ってくれていたようです。

消印を見ると、11月16日となっていました。届く時は、ちょうど2週間くらいで届くみたいです。特に追跡などのないエアメールです。

 

中身は祖父(90)からのコメント付きで「コバエ取り紙」。キッチンなどに吊るしておくと、コバエが紙の粘着部分にくっついて取れるというもの。

5セット全部送ってくれました。  

おそらく11月11日にコバエが大量発生したという記事を書いたから送ってくれたのだと思います。11日に記事を見る→アマゾンでハエトリ紙発注→15日にエアメール投函という、素早い行動に感謝です。 

www.bananacake.xyz

 

なぜ届いたのか

以前の手紙は届かず、なぜ今回の手紙は届いたのか。中身がずっしりしていたので、郵便局員も何か大切なものが入っているかもしれないと配達してくれたのか。そもそも街中に郵便配達の人を見かけない。日本のように制服がないだけなのか。

ちなみにバングラの消印?はこんな感じでした。なんて書いてあるんでしょうか。

f:id:chinamk:20181202005906j:plain

封筒もそこまで汚れていませんでした。祖父が封筒を二重にしてくれていたので、中身は綺麗なままでした。エアメール送るときには封筒二重、覚えておきたいと思います。

f:id:chinamk:20181202005910j:plain

 おじいちゃんありがとうございます。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村