南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

【子連れ宿泊記・バンコク】アナンタラ・リバーサイド バンコクリゾート

スポンサーリンク

 

アナンタラリバーサイドバンコクに1歳児連れで宿泊しました

9月の中旬、バンコク市内のアナンタラホテルに1歳半娘を連れて、宿泊しました。バンコク市内なのにリゾート感が味わえてとても!良かったので記録しておきます。 

→ホテル詳細を見る

アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ(Expediaで見る) 

お部屋・アーリーチェックイン 

ダッカからバンコクに着く飛行機は深夜便、そして朝の5時着。空港でSIMを買ったりしてホテルまでGrabで1時間(高速代を入れて、568バーツでした)。ホテルに着いたのが朝の7時半ごろ・・。

ダメもとでアーリーチェックインができないか尋ねたところ、リバービューのお部屋にアップグレードするならできるとの返答。1泊800バーツでアップグレードできるので、最初からその部屋を予約するより割安とのこと。悩んだのですが、部屋を見せてもらい、「川がめっちゃ見えて面白い」とアップグレードを決めました

 

そしてその面白い!と思ったリバービュー。 

f:id:chinamk:20190924153041j:plain

3階なので、チャオプラヤ川の水面がものすごく近くに見えました。こんなに近くに見えるなんて新鮮。決して綺麗ではないのですが、たくさん船も通るし、草みたいなのも浮かんでるし、リバービュー、おすすめです。

 

お部屋も素敵でした。

f:id:chinamk:20190924153017j:plain

ベッドの上にはタオルでできた象さんが。娘に秒速で崩されました。笑

 

f:id:chinamk:20190924153029j:plain

椅子にデスクもあって、十分な広さ。そしてバルコニーもあります。

 

f:id:chinamk:20190924153053j:plain

お風呂は広いバスタブ付き。シャワー室が手前にあります。バスタブにも取っ手が伸びるシャワーが付いていて、プールの後に子どもをバスタブに入れて洗ったり、水着を洗ったりと、何かと便利。トイレは奥にありますが鍵はなし。

スポンサーリンク

 

 

プールバーもある!家族も夫婦も楽しめるプール 

バンコクにはプール付きのホテルはたくさんありますが、その中でも規模が大きい方ではないのでしょうか、プールに力を入れていそうです。

f:id:chinamk:20190924153458j:plain

夕方。雨上がりに撮った写真です。水はきちんと浄水されているのか、雨が降った翌朝でも綺麗です。

 

f:id:chinamk:20190924153259j:plain

晴れている日の朝に撮った写真。客層としては

可愛い浮き輪で写真を撮る韓国人若者 2割

プールサイドで読書をする欧米人 3割

国籍関わらず子連れ 2割

日本人、ジムで鍛えた後のプールの人、やたらと泳ぎがうまい人など1.5割

女性連れのおじさん0.5割

朝の10時半ごろ、朝食を食べ終わったであろう時間帯から人が増えて来ます。

 

メインのプールは水深130cmくらいから、MAX3メートルの深さ。広いのでたくさん泳げます。子ども用プールは水深65cm。娘が泳ぐには足が届かない深さだったので、2、3歳くらいが遊べそう。12歳以上のみとのことですが、ジャグジーもありました。

f:id:chinamk:20190925164755j:plain

浮き輪などは入り口のところで空気を入れてもらえます。みんな写真映えしそうな可愛い浮き輪を持ってきていました。バンコクで買えるのかな。

 

プールに浸かりながら!お酒が飲めます

朝の10時からプールバーがオープン。これ、一度やってみたかったので叶って嬉しい。

f:id:chinamk:20190924153955j:plain

フローズンマルガリータと、マイタイ。カクテルは350バーツ前後。ビールやコーヒー、フード類もあります。ヤシの実ジュースを飲んでる人も多かった。

プールで遊んだり、プールサイドでのんびりしたり、バーに行ったりと、かなり楽しめるプールでした。

 

BTS駅への移動はシャトルボートで

船の写真を撮り忘れたのですが、BTSサパーンタクシン駅までホテルのシャトルボートが運行しています。一度に40人くらいは乗れそうな、大きめのやつです。20分に1本の時と、30分に1本の時間帯があるようです。

f:id:chinamk:20190924153311j:plain

f:id:chinamk:20190924153323j:plain

夜は川沿いのホテルが見えたり、対岸のナイトマーケット、アジアティークが見えて綺麗でした。乗船時間は20分くらいと、他のホテルに比べて少し長め。

 

ホテル内・付近のお買い物・食事状況

BTS駅から少し離れた場所にあるアナンタラですが、すぐお隣のAVANIホテルにショッピングモールが入っており、そこで手に入るものが多いです。セブンイレブン、スタバなどのカフェ、ダイソー、ドラッグストアBoots、やよい軒やタイ料理などのレストランが入居。セブンでお酒や娘のパンを調達したり、朝にスタバを買いに行ったり重宝しました。やよい軒も美味しかった。

f:id:chinamk:20190924153249j:plain

バンコクでは到着後の朝にスタバに行きがち。フードが日本と違って面白い。真ん中は、紫芋のあんぱん。娘が気に入って完食。

 

ベビーグッズは手に入る?

オムツを現地調達したかったのですが、Bootsにはオムツはないとのこと。探してみましたが、手に入りそうなのは、セブンイレブンの少量パックのみ。(確かマミーポコだったような、、タイのマミーポコって中身ムーニーのイメージがありますがそうなのかな)

結局、BTSサパーンタクシン駅近くのロビンソン百貨店が入るスーパーで発見。実際にはアイコンサイアム・高島屋のベビー洋品売り場にマミーポコが置いてあったので買いました

f:id:chinamk:20190924153447j:plain

AVANIショッピングモール3階にある、怪しい乗り物たち。中国からの輸入なのか、「歓迎来到!」みたいに中国語を喋ってました。

 

ホテルレストランも充実

3泊し、朝食はつけずにスタバイートイン・スタバテイクアウト・ホテルベーカリーテイクアウト・ホテルベーカリーイートインと4回朝食を楽しみました。テイクアウトの時は、プールサイドで食べるのが楽しい

f:id:chinamk:20190925174529j:plain

ホテルのベーカリー、Numero Unoで買ったパンとラテ。ケーキ類は本格的だけどほとんど110バーツと良心的価格ラテは150バーツくらいです。パンは甘いドーナツあり、ボリュームすご目のソーセージパイなどありでした。

 

f:id:chinamk:20190924153420j:plain

チェックアウトの朝は、プールに入らなかったので、Numero Uno店内で食べました。ソファゆったり。

 

f:id:chinamk:20190924153409j:plain

子ども用メニューとクレヨンをくれました。迷路になっている。待っている間、娘はお絵かきができて楽しそうでした。

 

f:id:chinamk:20190924153433j:plain

ベーカリーですが、朝からいろんなメニューがありました。奥は広東風チャーシューが乗った麺、手前はパンプキンポタージュ。どちらも優しい味でした。

ホテルビュッフェの朝食も好きですが、せっかくだから好きなカフェに行きたい、という我々は朝食はつけませんでした。近くに朝から開いているカフェがあったので、色々楽しめました。

 

ディナーも楽しめます

AVANIのロビー階にある、Skylineというレストランに行きました。

f:id:chinamk:20190924154327j:plain

平日ど真ん中だからか、広いのにずっとほぼ貸切状態・・タイ料理も西洋料理もあり、ワインもボトル1000バーツ++からありました。

マネージャーの女性が色々とオススメのスポットを教えてくれました。(モールタープラ、セントラルプラザなど、付近のショッピングスポット。セントラルプラザはすごかった)

楽しくなった我々は、上層階のルーフトップバーへ。。

f:id:chinamk:20190926164124j:plain

ジャグリングみたいなので盛り上がっています

 

f:id:chinamk:20190926164132j:plain

雨がやんだら、雨よけが取れてルーフトップバーに。

アナンタラはリゾート感、AVANIは都会感がすごかった。

 

f:id:chinamk:20190924153336j:plain

部屋に戻ると、タオルの鶴?が。結婚記念日であるということを伝えていたので、お花を置いていてくれました。

タオルは秒で娘によって解体されました。

 

f:id:chinamk:20190924153349j:plain

チャオプラヤ川と、花。ありがとうございます。

 

2日目以降は私が鼻炎により万全でなかったため、娘が寝た後にバルコニーで乾杯。

f:id:chinamk:20190924153359j:plain

子連れ親のあるべき姿はこちらなのでしょうが。スミノフはセブンで購入。

チャオプラヤ川とアジアティークの観覧車を見ながらバルコニーにいるのは気持ちよかったです。が、蚊が案外多く、5箇所くらい刺されたので、時期によっては注意です・・!

 

他・キッズクラブ

我々は利用しなかったのですが、リゾート地のリゾートホテルによくある、キッズクラブがこちらにもあります。3歳以上のお子様であれば、無料で預かってくれるというなんとも利用してみたいサービス・・たくさんのおもちゃやWiiなどがあるとのことでした。子どもを預かってもらっている間にスパを受けたり食事に行ったり五日やってみたい。

 

バンコクの都会でホッとできるホテルでした

中心地から少し離れていること、そしてホテルへの交通手段が船(タクシーでも行けますが)ということで、船に乗った瞬間から休暇感が味わえる、とってもいいホテルでした。ダッカにいるので普段は「バンコクで買い出し!日本食食べたい!」となり、スクンビット周辺の滞在になるのですが、時々またこういうプールで泳ぎたくなるんだろうなーと思いました。

 

アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ(Expedia) 

こんな記事もあります

日本人を狙う?詐欺に遭いかけました

www.bananacake.xyz

 

中心部に滞在したとき

www.bananacake.xyz

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。1歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。