MENU
KIKO
2022年4月〜スリランカ駐妻1年目
2018-2020年はバングラデシュにいました
海外営業→秘書→無職2姉妹の母
大福・ごま汁粉・チーズケーキが好きです

ダッカでの生活 お手伝いさん事情

バングラデシュの人件費は世界最安レベル。

多くの駐在員の方(おそらく富裕層も)がお手伝いさんを雇っています。

そんな我が家もお手伝いさんに週3回、来てもらっています。

おそらくですが、月の相場は2万円前後。それで1日6時間くらいの週5日ほどいろいろなことをやってくれるので、非常に助かっています。

とはいえ、毎回のルーティーン家事以外にさほどお願いすることもなく、また家に他の人がいて働いてくれていると私もあまり落ち着かないので、家事が終わり次第帰ってもらっています。そのため、実際にいてくれるのは3時間少しくらい。

お手伝いさんによってもできることが色々あるようです。掃除・洗濯・食器洗いなど一通りやってくれるのに加え、ご飯を作ったり、子守をしてくれたり、買い物も頼めるようです。

我が家に来てくれているお手伝いさんも、小学生くらいのお子さんがいるようで、我が子を抱っこしていてあげようか?と聞いてくれたので、おそらく頼めば子守りもしてくれるのかと。

昨日は他の奥様のお宅にお邪魔し、そちらのお手伝いさんがカレーが得意だということで、ごちそうになりました。

チキンビリヤニと、ビーフのカレー。ビリヤニはバングラデシュのお米を使うようです。

f:id:chinamk:20180910191231j:plain
f:id:chinamk:20180910191234j:plain

ビーフカレーは、スパイスたっぷりで、自分では作れない味。。フライドオニオンもお手製だそうです。

2日に1回でもお皿を洗ってくれたり、洗濯はアイロンがけまでしてくれたり、床をモップがけしてくれたり(こちらはすぐに黒くなるらしい)。子どもと接する時間やのんびりする時間ができるので、何かと不便なこともありますが、ダッカの暮らしも悪くないなと感じています。

この後、より長い時間見てくれるお手伝いさんを求めてお手伝いさんを新しく雇いました。(今の方は単身の別の方のところで働いてもらうことに)雇うにあたりしたこと↓

あわせて読みたい
アジア駐在でお手伝いさんを雇うには?どんな人を選ぶべき?条件交渉は? 【お手伝いさんを雇うには】 こんにちは。南アジア駐在妻のKIKOです。東南アジア、南アジアに駐在していると、結構な割合でお手伝いさんを雇っている家庭がいらっしゃる...

にほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2018年〜2020年バングラデシュ帯同
コロナで帰国後2022年4月からスリランカ駐妻になりました。
南アジアで姉妹子育て中です。
バングラデシュ・スリランカの生活、駐在帯同準備、妊婦ひとり暮らし、0歳児と2人暮らし、子連れ海外旅行などについて書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる