自分へのお土産 ニューカレドニア編

自分へのお土産2記事目を書かせて頂きます。

前の前の記事、

自分へのお土産 スウェーデン初めての北欧雑貨編 と同じく、421miyakoさんの企画の記事です。

 

miyakoさんの記事はこちら

www.421miyako.com

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

新婚旅行のテッパン・ニューカレドニアへ姉と行く

今思うと結構昔、2013年の暮れに姉から誘われニューカレドニア に行くことに。新婚旅行の人気の行き先だということ以外、どこにあるのか、何ができるのかもわかりませんでしたが、とりあえずフランス領でフランス色が強いみたいだし、海がめっちゃ綺麗みたいだし、行ってみることにしました。

 

天国に一番近い場所

ニューカレドニアの正式名称は「フランス領ニューカレドニア」。公用語はフランス語です。

場所はオーストラリアの東側に位置。日本からもエアカラン航空で直航便(8−9時間)が出ています。

日本からの新婚旅行客はもちろん、フランスからバカンスに来ている方もたくさんいらっしゃいました。

f:id:chinamk:20200502233618j:plain

ニューカレドニアはいくつかの島からできていて、首都ヌメアがあるのがグランドテール島白い砂が有名なのがイルデパン島。イルデパン島に行くツアーはいっぱいだったので行けませんでしたが、ボートで行けるビーチもめちゃくちゃ綺麗でした。

 

ニューカレドニアでできること

シュノーケリングやダイビングなどマリンアクティビティをするか、浜辺で遊んだりゆっくりしたりするのがこの場所の過ごし方かと思います。人の少ないビーチでのんびり・・新婚旅行、または友達同士で写真を撮ったりキャッキャ過ごす場所なのかもしれないと思いました。私は姉と二人、黙々とシュノーケリングで魚を発見していました。シュノーケリングめっちゃ楽しかった。

 

大晦日ディナー

観光客が多い場所などではメジャーなのかもしれませんが、首都ヌメアの観光客向けレストランは、年末年始のホリデー期間はひたすらホリデーディナーコースのみの提供でした。

f:id:chinamk:20200502233627j:plain

姉にご馳走になりました・・ありがとう。フランス領だというのもあるのか、程よく海鮮などもミックスされて、全部美味しかったです。

f:id:chinamk:20200508230336j:plain

デザートも、レベル高かった。

f:id:chinamk:20200508230345j:plain

 

その後はホテルの広場で年越しのイベントなどやっていましたが、あまりズンチャしてない姉妹だったので部屋へ。テレビで年越し番組をやっていました。

f:id:chinamk:20200502233642j:plain

スポンサーリンク


 

 

マルシェで朝ごはんっていい響き

タイトルの通り。元日はどこもやっていなかったのでひたすらホテルとビーチでのんびりだったのですが、1/2からはマルシェオープン。朝ごはんを食べられると下調べし、行くことに。

f:id:chinamk:20200508230355j:plain

 

コーヒーの飲める場所があります。マルシェで買ったクロワッサンやバナナタルトも。

f:id:chinamk:20200502233700j:plain

この日は首都ヌメアを散歩。ところどころ教会があったりお散歩も楽しいです。

南国っぽい昼ごはん。

f:id:chinamk:20200508230404j:plain

海が綺麗でした。この写真、娘のイヤイヤ期対応で疲れ気味の今の私にしみる。

f:id:chinamk:20200502233651j:plain

 

夕方には海の見えるカフェでガレットを食べたような。またこんなところに行きたい。

f:id:chinamk:20200502233807j:plain

 

夜は、バーが集っているような場所もありました。行ってないけど盛り上がっていました。

f:id:chinamk:20200508230413j:plain

 

自分へのお土産 木彫りの魔除け

そんなニューカレドニアで買った自分へのお土産は木彫りの壁掛け。胴体と思われる部分には、ウミガメの形が彫られています。

f:id:chinamk:20200504135618j:plain

この壁掛けもダッカに置いて来てしまったので、昔撮っていた写真で。

f:id:chinamk:20200504135623j:plain

なぜこれを買ったかというと、ホテルの壁に似たものが掛けられていて、何かわからないけど可愛い。と思ったためです。

f:id:chinamk:20200502233609j:plain

頭の上に5体飾られているものです

形、大きさ様々のもの売られていました。

今になって調べてみると、これらは木彫りの魔除け、トーテムポールのようなものだそうです。戸口に建てられていたり、屋根の上に建てられていたり。

 

2010年からフランス国旗と併用して掲げられるようになった、ニューカレドニア原住民の国旗にも描かれています。

f:id:chinamk:20200510055257p:plain

こんな国旗があったとは、滞在中には知りませんでした。

この記事を書く上で何と無く調べたニューカレドニアですが、

・1960年代から、それまでヨーロッパ系が多かった政治への参入を求めて、先住民系の権利回復運動が始まる(独立闘争)

・1998年、フランスから自治権を徐々にニューカレドニアへ段階的に自治権を譲渡すると決定

・2018年にフランスからの独立か独立反対かを決める住民投票で、反対派が56.4%で否決

・ 2020年から2022年の間にも同じく住民投票が行われる予定

という経緯があり、綺麗な海と砂浜からだけでは想像できないような闘いが行われてきたのだなぁと今やっと知りました。調べきれていないけど、独立しないことによるメリットもあるのだろうな。

 

まとめ

ニューカレドニア、姉と行くのも楽しかったけど、やはり海メインなので次は新婚旅行などで行きたい場所だと当時は思いました。 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。2歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。

コメント

  1. m421miyako より:

    私も姉妹なので姉妹、一緒に海外へ行っていました。気心が知れているので気楽で純粋に楽しめます。画面では大きくて重そうですが、持ち帰るの大変?次回のリンクお楽しみに。

  2. chinamk より:

    姉妹旅、姉妹がいる特権でこれはこれで楽しいですよね。この木彫り、見た目に反してめちゃくちゃ軽いのです。その分折れないようにしっかりくるんで帰りましたが!4月分のリンクも読んで楽しませて頂きました(^O^)

タイトルとURLをコピーしました