南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

【失敗有り】LINEモバイルに乗り換えました

海外在住・格安スマホに乗り換える

この一時帰国中に、LINEモバイルに乗り換えることにしました。

しかし、基本的に日本の住民票がないと乗り換えのための身分証明ができない・・

試行錯誤し、最終的には無事に乗り換えが完了しましたので記録しておきたいと思います。もちろん日本在住で乗り換えを検討されている方も少しご参考になればと思います。

 

f:id:chinamk:20190309182428j:plain

 

 

ソフトバンクのお預かりサービス

これまでずっとソフトバンクユーザーで、出国の際は「お預かりサービス」というものを利用していました。これは、月額390円で電話番号とメールアドレスをキープしてくれ、全ての通信が使えなくなるというもの。海外駐在などで長期間日本で通信しない場合を想定したもののようです。

しかし、お預かりサービスの面倒臭いところは、「お預かり開始」「通信再開」の際に毎回店舗に行って手続きをする必要があるところ。そしてお預かり開始の時には事務手数料3000円がかかります。

電話番号・メールアドレスお預かりサービス | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

安く済むといえば済むのですが、機種代金を払い終えていない場合、機種代金支払いは継続(そして月月割りが適用されないので結局結構高い)となります。そして日本出張がちょこちょこある場合などは同じ月にお預け・再開が出来ないので、別途日本で使うSIMカードなどを買うことになります。日本で、自分の携帯番号が使えないのもなんだかなぁ。

ということで、格安スマホキャリアに変更して、月料金を一番安いプランで支払っていくことに。

我が家はLINEモバイル にしました。

LINEフリープラン(通話、SMS、データ通信1GB)が月額1200円であること、また他の格安スマホになると、LINEの年齢認証ができず、友達追加の際のID検索ができなくなるようですが、LINEモバイルだと年齢認証ができるため。

 

 

海外在住の場合、LINEモバイルに申し込みができない

大きな懸念点だったのが、LINEモバイルは海外在住者は申し込みできないこと。できないことはないかもですが、日本に住民票がないと難しい。

それは申し込みの際に住所が記載された本人確認書類が必要であり、その住所宛にLINEモバイルのSIMカードが送付されるため。

実家に滞在する場合、実家に住民票を入れておけば、「パスポート+住民票の写し」で申請OK、そして後ほど実家宛にSIMカードが送られてくるので問題ありません。

しかし、今回滞在が東京のアパートメントホテルだったため、区役所へ出向いたのですが、住民票取得できなかった。。

www.bananacake.xyz

【失敗したけど】免許証に記載されている住所で申請してみた

 

 免許証には渡航前に住んでいた住所の記載があります。調べてみると、「クロネコヤマトでクロネコメンバーの場合、直接営業所にコンタクトすれば発送先の変更に応じてくれる」とのこと。LINEモバイルのSIMカードはヤマト配送という記事も発見。

前に住んでいた住所で無事申請に通り、発送の連絡がきた・・と思ったら、佐川急便。佐川さんにコンタクトするも、佐川さんではそのようなことは行なっていないとのこと。もしするとすれば、LINEモバイルからの送付先変更要請を受けて対応しますとのこと。

→LINEモバイルへ伺ったところ、「個別対応はしていません」とのこと。

SIMカード受け取りには、本人確認書類が必要なようなので、現在住んでいる人が受け取ることはありません。SIMが受け取られず、佐川→LINEモバイルに返送されると自動的に申し込みキャンセルとなるようです。

受け取るすべなく、発送から1週間後くらいにキャンセルになりました。

後ほど調べると、LINEモバイルはドコモ回線かソフトバンク回線を選べるのですが、ドコモ回線を選ぶとヤマト、ソフトバンク回線だと佐川で届く・・という記事を見つけました。我が家はソフトバンク回線で申し込んでいたからそうなったのかもしれません。

 

LINEモバイル店舗なら住民票登録も不要

格安スマホはオンライン申し込みが多いようですが、一部のビッグカメラなどではキャリアの担当者の方が新規申込対応をされています。私も滞在していたホテルからほど近くのビッグカメラへ。

LINEモバイルの服を着た方がいたので、聞いてみると、「SIMを即日発行できるので、本人確認書類の住所に何かを送ることはない」とのこと。

→運転免許証、MNP取得した番号で申し込むことができました。なんて簡単・・

 

 

オンライン登録しようとした理由

色々調べていると、「店舗契約だとポイントがもらえないから損」と書かれたサイトがたくさん出てきました。オンラインで登録すると、1人5000LINEポイントがもらえたり、家族を追加で申し込むと3000ポイントくらいもらえたり。特典色々あるところ、店舗で申し込むとそれらが全くもらえないという記事。

今回夫と2人で申し込もうとしていたため、2人となると1万ポイントは大きいねぇと話していました。

しかし、オンライン登録が失敗し(区役所、申し込みからキャンセルまで1週間くらいかかっている)、もうポイントはいいから店舗で契約しようとなりました。

店舗でもキャンペーンはやっている・・と思う!

しかし。

店舗でもそのようなキャンペーンをやっていることはあるとのこと。

LINEモバイルと書いた服を着た担当の人に聞いてみると、今はこれをやっていますというのを教えてくれました。(あくまで聞いてみた人にしか適用しない、ということもあるようです)

 

キャンペーンも適用され、即日でキャリア変更もでき、なぜ早く店舗に来なかったのか・・と思いましたが、色々と学べた1日でした。

所要時間は、混んでおらず何も問題がなければ1時間くらいで完了すると思います。(ど平日の昼間調べ。)ただし店頭で手続きできるところはさほど多くないので、日本に住民票があればやはりLINEモバイルのサイトから申し込む方が楽かもです。

 

ベストなのは海外赴任前にキャリアを変えておくことかもしれません。

が、赴任後であれば店舗に出向いてみることもおすすめです。

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク