南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

0歳10ヶ月、海外のユニットバスでの洗い方

ダッカに冬が来た

12月の中旬からダッカも寒くなってきました。昼間は20度から25度くらいまで上がりますが、朝晩は15度くらいのこともあります。ベンガル人は寒がりなのか、ちょっと涼しくなった時点でみんな長袖です。冬に日本に来て薄着している北欧の人とかの気分になります。

子どものお風呂問題、ユニットバスでどう洗おう

我が家はバストイレが一緒のユニットバスです。他の家もユニットバスの家が多いと思う。時々シャワー室独立のところもありますが。これまで一人暮らし時代は計3軒の家に住んで、家を探す時の第一条件がバストイレ別だったのに、ここにきてユニットバス。案外普通に使えていることに驚き。

夏の子どものお風呂

バスタブの中にベビーチェアを置いて、私が先にシャワーを浴びている間、娘にはそこに座っていてもらいました。ぐずり出したら歌を歌ったりしながら。ベビーチェアに座らせたまま娘を洗って、私が服を着ている間は娘も座ったまま。最後にタオルで包んで抱き上げてリビングに向かうというスタイル。

娘は今のところはおとなしく座っていてくれたのですが、立ったり歩き出したりするようになったらベビーチェアスタイルは難しいかなと。

我が家のベビーチェアはこのタイプ。11キロまで使えるとのこと。 

バスタブinバスタブが便利!ベビーバスを出した

そういえば我が家は長く使えるようなベビーバスを買ったんだったと思い出し、新生児の沐浴の時に使っていたベビーバスを出しました。

 

4歳まで使えるようです。

お湯を張って娘を座らせると、バンコクの浅いプールで遊んでいたように、水の表面をばしゃばしゃすくって遊び出しました。これで私のシャワー中に冷えることもないし、程よく体力を使いながら遊んでいてくれる・・お風呂用おもちゃのアヒルを浮かべるとビジュアル的にも可愛い。

お尻など洗いにくいので別途抱きかかえて洗いましたが、お湯を抜いても基本的には機嫌よくいてくれました。

短い冬の間ですが、しばらくベビーバスを使っていこうと思います。 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村