南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

シンガポール乗り継ぎの時は忘れずに!S20ドルクーポンをどう使う?

ダッカから日本に帰国する時は、シンガポール経由、バンコク経由、香港経由が主。我が家は娘1歳児がベビーバシネットを使える航空会社である、シンガポール航空のシンガポール経由で帰ることが多いです。(最終的には値段で決めますが)

タイ航空はベビーバシネット6カ月まで!!↓ 

www.bananacake.xyz

 

シンガポール乗り継ぎの嬉しいところが、S20ドルのクーポンをもらえるところ。これはチャンギ空港内のお店で使うことができます。

忘れずにもらうように!クーポンのもらい方を記録しておきます。

スポンサーリンク

 

 

チャンギ空港でS20ドルのクーポンをもらう!

適用条件は?
  • シンガポール航空またはシルクエアー搭乗客
  • 往復ともにシンガポール経由であること
  • 乗り継ぎ時間が24時間以内であること
配布クーポン額は、お客様のご出発地によって異なります。

ご出発が2018年4月1日~2019年3月31日の間である場合。

以下出発地の場合、S$20相当のCDVを受けとることができます。

  • オーストラリア
  • バングラデシュ
  • ブルネイ
  • カンボジア
  • ロシアとトルコを含むヨーロッパ各国
  • 香港特別行政区、 中国
  • インド
  • インドネシア
  • 日本
  • ラオス
  • マレーシア
  • モルジブ
  • ミャンマー
  • ネパール
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • 南アフリカ共和国
  • 韓国
  • スリランカ
  • 台湾, 中国
  • タイ
  • アラブ首長国連邦
  • 米国
  • ベトナム

 

以下出発地の場合、S$20相当のCDVを2枚受けとることができます

  • 中国(本土)

 

 中国が出発地の場合、40ドル分受け取れるようです。ええっすごい・・

ちなみに、期間が2019年3月31日までとなっていますが、もう何年も実施されているようなので、慣れた人からすると、「まぁ来年もやるでしょ」というスタンスのようです。

詳細の条件についてはこちら

https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/plan-travel/privileges/changi-transit-programme/#

 

もらえる場所は?

第2、第3ターミナル乗り継ぎエリア内の「iShopChangiコレクションセンター」で受け取れます。GST払い戻しカウンター方面に向かうと、案内版に「iShop Changi」と出てきます。

 

必要なもの

パスポート、搭乗券、往復のEチケット。Eチケットは見られる時と見られない時があります。日本⇄ダッカの時はチェックされないことが多いですが、ダッカ⇄香港など、目的地が自分のパスポートの発行地と違う場合はチェックされました。

 

帰りにもらってもいい?

往路のトランジット時のみでなく、復路のトランジット時でも申請できます。

スポンサーリンク

 

 

S20ドルクーポン、何に使う?

適用条件を見ると、トランジットエリア内のほとんどの店舗(エルメス、仮店舗以外)、飲食店でクーポンが使えるようです。また、シャワーなどを浴びたい場合、アンバサダートランジットラウンジの入室(2時間)に使えます。 パブリックエリアでも、郵便局などのサービスや、コンビニ以外の店舗では使用できるようです。幅広い。

 

我が家の使い道は、免税店での化粧品購入と、お土産購入が主。中でもオススメなのが

f:id:chinamk:20190707013621j:plain

TWGのマカロン12個入り S22ドルです。

12種類の、紅茶を使った美味しいマカロンが入っており、どの味も美味・・。初めて夫が一時帰国時にこれを買ってきてくれた時はものすごく嬉しかった。暑くなければ常温での持ち運びOKなのも便利です。

マカロンってひとつ200〜300円することも多い中、こちらは1個あたり150円くらいとお手頃です。そしてお店には常に日本人も多く来店していて、「これ美味しいんだよね〜」と手に取るビジネスマンも結構いらっしゃいます。

バウチャーを出して、残りの2ドルちょっとはクレジットカードで支払えば問題ないです。

f:id:chinamk:20190707014051j:plain

 

一時帰国しているのですが、今回もマカロンを買って帰ったのでした。ティラミス味が好きです。美味しい。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク