南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

【トリップアドバイザー満点の映えホテル】カサ キャンパー バルセロナ

先日バルセロナに行った際、知り合いからオススメしてもらって泊まったホテルが最高でしたので記録しておきます。バルセロナに行くことがあればまた泊まりたい。

スポンサーリンク

 

 

カンペールプロデュース。オシャレなインクルーシブホテル

シューズブランドCamper(カンペール)がプロデュースしたホテル。旅のメイン?のバルセロナはちょっといいところに泊まろうと、夫氏が予約してくれました。

↑カンペールオフィシャルサイトに飛びます。最初なんて読むかわからなかったけど、見たことある!

→ホテルの詳細を見る(Booking.com)

 

→ホテルの詳細を見る(エアトリ)

 

場所は、バルセロナ中心部のカタルーニャ広場の近くです。

ブランド店が軒を連ねるランブラス通りから、一本入った便利なところにあります。その道も、ヨーロッパの古くからある建物に挟まれていて、1階にはバルやカフェが入っているような楽しい道。服や靴のオシャレなショップもあるので、日中は、付近は観光客が多く歩いています。

f:id:chinamk:20190610140707j:image 

カサキャンパーバルセロナ フロント。24時間誰かいてくれます。奥には平積みになった世界各国のガイドブック。照明オシャレ

 

f:id:chinamk:20190610140621j:image

左手にはダイニングスペース、奥には24時間ドリンクと軽食が無料で置いてあるコーナーがあります。後で紹介しますが軽食がまたオシャレです。

 

子どもがハイハイできる・部屋の様子 

f:id:chinamk:20190610140631j:image

客室です。壁がカンペール色の赤なのですが、落ち着く赤。床はフローリングです。

室内履きはカンペールのものが用意されていました。履きごこちよしで、フロントで買えます。皆産室内履きを履いてるであろう、ということで、安心して床に娘を放牧できました。

f:id:chinamk:20190613190743j:plain

見たことのない形状のコンセントに興味津々な娘



f:id:chinamk:20190610140615j:image

リビングエリア。ワンルームの部屋でしたが、程よい広さで居心地良しです。


f:id:chinamk:20190610140643j:image

可愛いベビーベッドも用意してくれていました。白メッシュで圧迫感があまりないからか、娘も気に入ってこの中で遊んでいました。(寝てはいない)


f:id:chinamk:20190610140700j:image

ちょっと無機質っぽくてオシャレなバスルーム。私が20代前半だったら確実にここでオシャレっぽい写真を撮っていたはずです。洗面台が横に長いので、ものがたくさん置けます。3人分のタオルもたくさん用意してくれていました。

 

映えドリンクに映えフード


チェックインの時に、「24時間ロビーから軽食やドリンクを持って行ってくださいね」と案内されたので、荷物を置いたのち、見に行ってみました。
f:id:chinamk:20190610140608j:image

基本的に瓶のドリンク。ソフトドリンク、フルーツジュース、生搾りオレンジ、炭酸水、ミネラルウォーターなどが冷えています。右側は軽食。サンドイッチやラップサンド、サラダ、フルーツ、チーズケーキ、ヨーグルトなど。


f:id:chinamk:20190610140656j:image

キッチンとの窓。朝はここが開き、ここから卵料理をオーダーできます。閉まってても、映え。


f:id:chinamk:20190610140636j:image

コーヒー紅茶のコーナー。種類も豊富です。右側にはスナック菓子や、ナッツがあります。夫はM &M'sのチョコレートを常に部屋に置いていました。

 

コールドプレスジュースが飲み放題だよ
f:id:chinamk:20190610140646j:image

なんと。オシャレインスタグラマーがよく飲んでいそうな、コールドプレスジュースも置いてあります。代官山とかで買うと高そうなやつです。

コールドプレスジュースは、繊維質が取り除かれたいわば果汁のみのジュースのことです。 と言ってもただの果汁ジュースではなく、低速回転のジューサー(スロージューサー)で野菜や果物に熱を加えず強い圧力ですりつぶして絞られています。 通常ジュースは高速回転のジューサーで遠心分離する方法が主流で、この方法だと材料に熱が加わり、空気に触れて酸化が進み、栄養素が失われます。 スロージューサーだと加わる熱も少なく、果物や野菜の栄養をたっぷり残すことが出来ます。((

今話題のコールドプレスジュースって??効果と作り方を調べてみた

何気ない壁をバックに撮っても映えます。ここぞとばかりに1日2本くらい飲んでましたが、夫には「青臭い」と言われました。でも美味しかった!

ほんまに結構する

 

「ちょうどいい」朝食

朝ごはんもついてきます。軽食の置いてある場所が会場になります。
f:id:chinamk:20190610140709j:image

美味しくて綺麗になれそうなフルーツがたくさん。奥にはクロワッサン、マフィンなど甘いパン。手前にはハムが吊るしてあります。


f:id:chinamk:20190610140649j:image

ハム色々と、チーズ色々。トマト。奥には食パンとバゲット。スペインの食パンって耳が薄い気がする。娘が気に入って食べまくっていました。


f:id:chinamk:20190610140611j:image

卵料理コーナー。1日目は普通に「オムレツ」とか「目玉焼き」と頼んだのですが、隣にいた東アジア紳士が「ほうれん草のオムレツ」と言っていたので、翌日は私も頼んでみました。普通に作ってくれました。どこにほうれん草あったんや。

 

f:id:chinamk:20190610140639j:image

フルーツにほうれん草オムレツにヨーグルトにマフィン。娘は食パンとバナナとプレーンヨーグルト。キウイとか皮を剥いてくれているのが地味に嬉しいです。

娘の日中食べる用に、食パンを何枚かもらって行きました。飲み物とか子どものおやつとか、外に買いに行かなくていいのがすごく楽です。

 

テラスでアルコールも(有料)

最上階はテラスになっています。見晴らしが良くて、居心地よし。
f:id:chinamk:20190610140634j:image

ヨーロッパのディナーは時間が遅めなので、ディナーに行く前にここで娘のご飯を食べさせていました。1階から飲み物や軽食を持ってこられます。


f:id:chinamk:20190610140618j:image

旧市街の建物がよく見えます。

テラスに出る前のスペースに、アルコール類が置いてあります。こちらは飲んだ分を自分で記入し、チェックアウトの時に支払うシステムでした。トニックウォーターやコーラ、炭酸水など割りものはフリーで置いてあるものを使えます。カクテルもオーダーできるようでした。

外に出なくても軽い食事ができます

ヨーロッパの美味しい、けどちょっと重めな食事が続いて夜だけどあんまりお腹が空かないなぁという時。軽食コーナーからお部屋に食べ物を持ち込んでいただくことができます。
f:id:chinamk:20190610140704j:image
右上はサーモンとレタスのサラダ、左上はカットメロン。ヨーグルト、チーズ、サラダラップ、右下はチョコドーナツ。サラダとかが全部WECKの容器に入っているのが映え。

歩いて4分くらい、ランブラス通りに出るとすぐに大きなカルフールがあり、ワインなどがたくさん売っているので、(2ユーロくらいからありました)ワインを買ってきて、グラスを持ってこれば立派なホテル飲みになります。

 

付近の治安について

スリが多いバルセロナ、付近の治安ですが、人通りも多く、観光客向けのお店が多いので非常に明るい感じだと思いました。ただ、深夜や早朝などはお店が閉まっており、人通りが少ないのであまり帰宅が遅くならないように注意だなぁと思いました。(道は狭いですが、ホテルの前までタクシーが来てくれます)

 

徒歩の距離で、常連さんが集ういい感じのバルやテラス席がとにかく居心地の良さそうなカフェ、ホットチョコレートとチュロスのお店、本格的なウイスキーバー、10分くらい歩いてブケリア市場などがあるのでとにかく便利な場所でした。バルに行って夜歩いて帰れる距離なのは嬉しい。(娘はおんぶで寝ていてくれました。付き合ってくれてありがとう)

 

 ホテルの詳細について

→ホテルの詳細を見る(Booking.com)

 Booking.comの評価が9.6になっています・・すごい。

 

→ホテルの詳細を見る(エアトリ)

Trip Adviserではバルセロナホテル3位とのこと・・すごい。

 

全体的にオシャレで、ものすごくワクワクするホテルでした。

 

【スペイン】バルセロナ サグラダ・ファミリア優先入場チケットUSD24.82〜

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

↑年会費無料、発行するだけで海外保険付帯が付いてきます。私も盗難にあった時に20万円分補償してくれました。持っているだけで保険の対象となるカードは少ないので(大抵カードを使って旅行代金の支払いをしたときのみ適用)、持っていて損はなしです。