南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

妊婦ハワイ旅行〜ハワイ島でのアクティビティ〜

前回に続き、妊娠5ヶ月で行った新婚旅行先ハワイでの出来事〜アクティビティ編〜を書きます。

前の記事はこちら

 

www.bananacake.xyz

  

www.bananacake.xyz

泊まったホテルはこちら。新しい写真映えがすごいホテルでした。

www.bananacake.xyz

 

 

 

ハワイ島でやりたいことに、「ウミガメと泳ぐ」「泳いで魚をいっぱい見る」「サンセットもしくはサンライズを見る」がありました。いや、ホノルルと違ってお買い物スポットなどがあまりないハワイ島でやることといえば、このような自然のアクティビティではないでしょうか。

妊娠中だと色々と参加できるツアーに制限がありますが、なんとかこれらを叶えられるように計画を立てました。

 

海でのアクティビティ

妊娠中は基本的にダイビングや、スタンダップパドルなど、深く潜ったり転倒の危険性があるツアー・アクティビティには参加できません。また、目的がシュノーケリングでも、そこに向かうのが小さなボートの場合は参加不可と書かれている場合が多くありました。そこで検索をしまくって探したのがこちら

ハワイ島 シュノーケルクルーズ SUP体験もできる充実ツアー!<午前/朝食・昼食付き> by フラカイ号

船の出発場所まで送迎なし、今の価格で175ドルと高額ではあるのですが、こちら1日ものすごく楽しめます。

マウナラニのホテルからこのビーチまで車で約1時間半。9時に集合でしたが、本当に国籍様々。欧米系の年配の方が多く参加されていました。他には小さな子ども連れの方など。やはり船が豪華めなのと、誰でも参加しやすいからか。

f:id:chinamk:20180316080422j:plain

船の準備ができるまで、コーヒーと紅茶のサービスがありました。

早速船に乗り込みます。船の全貌写真がないけど、大きめの船。中でシュノーケルの道具が配られたり、写真撮影のためのGo-Proの貸し出しがあったり。

f:id:chinamk:20180316080512j:plain

我々は事前にスマホの防水ケースを買っていたのでスマホで撮影。

水の中だと若干操作が難しくなりますが、千円未満でスマホが水中撮影可能になるなんて、買ってて損はない。 

その後、朝ごはんの時間です。グラノーラ、クロワッサン、オムレツ、ヨーグルト、フルーツなどがビュッフェ形式でありました。ドリンクも、バーとかでよくある、ホースがタンクに繋がっていて、レバーを引くとドリンクが出てくるやつで入れてくれました。海外に行くとなぜかスプライトを飲みたくなるよねと夫とよくわからないところで気があう。

f:id:chinamk:20180316080840j:plain

このツアーではシュノーケリングがメインで、2箇所で海に入ることができました。

どちらも体につける浮き具を貸してくれますが、足がつかないところは怖い私はつかまるタイプの浮き具も貸してもらいました。

f:id:chinamk:20180316104529j:plain

必死

スポットに着くと、自由にあたりを泳ぐことができます。そのスポットの説明などもありましたが、英語だったのであんまりわからず。笑

f:id:chinamk:20180316104625j:plain

上手く撮れた写真が見当たりませんが、こんな感じでサンゴの上を泳いでいきます。お魚たくさん!

f:id:chinamk:20180316104838j:plain

途中イルカの群れにも遭遇。興奮しました。

 

 

海から上がると、次はBBQランチの用意がしてありました。お肉は船の上で焼いてくれます。こちらもビュッフェ形式。トマトとチーズの下にお肉が隠れています。

他にも焼いたチキンやサラダ、タロイモチップス、クッキー(ほぼコストコで買ったものと思われる)などあり、おかわりもできてボリュームたくさん。たくさん泳ぐとお腹が空きます。

f:id:chinamk:20180316104910j:plain

次のシュノーケルスポットについて、また辺りを自由に泳ぎ、船に戻って帰る、という行程でした。解散となったのが15時くらいでした。

船着場の近くにはシャワーが見当たらなかったので、海沿いをドライブしながらシャワーを探す。公園に設置されているシャワーを発見し、車の中で着替える。w

ホテルに戻ったのが17時くらいで、本当に有意義な午前と午後の使い方ができました。ウミガメは会えなかったけど、イルカと、本当にたくさんの魚を見ることができました。

船に乗る前に、受付のお姉さんに「妊婦なんだけどアクティビティに制限ありますか?」と聞いて見ると、「特にないわよ。やりたいことをなんでもやればOK」とのことでした。後日ホノルルで行った、ほぼ日本人のツアーでは「シュノーケリングもNG」みたいに言われたので、えらい違いや。(シュノーケルしましたが)

 

防水ケースと同じくらい必須だと思ったのが、マリンシューズ。サンダルだと脱げる可能性があるからか、サンゴに触った時に硬くて傷つけるのか、脱いでくださいと言われるツアーもありますが、マリンシューズは脱げないのと底が軟らかいので履いたままでOKでした。ホテルから履いていけるし、砂が入りにくいし、すぐに乾くしすごく便利。1000円から2500円くらいで売っています。 

 

 

サンセット、星空を見る

ハワイ島で何をしよう?と考えた時に出てくるのが、マウナケア山からのサンライズ・サンセット。実際にハワイ島のツアーをみると、たくさん出てきます。

マウナケア(星空観察)ツアー by VELTRA

ただし、これらはほとんどが妊婦NG。標高4205mのところに行くとなると、道も悪いし空気も薄くなってくるし、色々と問題なのかと思います。

マウナケア山まで行くのが無理であっても、途中にあるマウナケア州立公園であれば、星空と夕日を見ることができます。実際に上のベルトラさんのツアーでも「マウナケア山麓ツアー」として妊婦が参加できるツアーがありますが、それはこの州立公園に行くツアーかと思われます。

 

 

州立公園へは車でいけるので、車をレンタルされている方は自力で行ってもいいかと。

マウナラニのホテルからは車で約1時間の距離です。

f:id:chinamk:20180317101056j:plain

 日が暮れる前に出発。本当に何もなくて空が広いです。

州立公園到着。雲行きがあやしい。この日はツアーはなかったのかこの時間には来ないのか、もう少し標高が高いところまで行く人たちのトイレ休憩場所となっていました。確かにトイレはきちんと整備されている。一応コーラなどの自販機もある。

f:id:chinamk:20180317101257j:plain

標高2000メートルなので寒く、夕陽の時間まで車中で待機。

そして夕陽が。

f:id:chinamk:20180317101134j:plain

雲に覆われて最後の一部しか見えなかったけど。。幻想的でした。

その後すぐに真っ暗になり、空には無数の星が・・

ここからしばらく行った、オニヅカビジターセンターであればもう少し星空観測っぽいものをやっているかもしれません。でも妊娠中はこちらの州立公園で十分かと思いました。流れ星も見えた!

 

 

帰り道は真っ暗でしたが、道路に電球みたいなのが埋め込んであって、電球とハイビームでなんとかなった感じです。。

f:id:chinamk:20180317101832j:plain

以上、ハワイ島でのアクティビティについての記録でした。