こどもちゃれんじEnglishお試し教材レビュー

f:id:chinamk:20200407145525j:plain

娘が初めてYoutubeで「しまじろう」と出会ってから約1年。

その中でも楽しい歌や踊りがいっぱいの「こどもちゃれんじEnglish」の体験動画が親子してお気に入りでした。


2018年度生まれのかた向け英語講座<ぷち English>2020年3月開講!たいけん動画【しまじろうチャンネル公式】

スポンサーリンク


 

 

これまではダッカにいるので受講を諦めていたのですが、今日本にいるし、きっとすぐには帰らないだろうと思い、「こどもちゃれんじ」の受講を思い立ちました。

まずは資料請求だけならタダだしそこから考えようということで、こどもちゃれんじぷち、English、なんだこれと思ってWorldwideの3つを請求。通常は2週間くらいで届くようですが、Englishが一番乗り、3日ほどで到着。

【こどもちゃれんじ】

 

中身は体験動画DVD、保護者向けに年齢別の受講内容が書かれたパンフレットでした。

DVDは15分ほど。1・2歳〜5・6歳向け各講座の内容が少しずつ盛り込まれたものです。

娘ガン見。

日本に帰ってきてからしばらくYoutubeも観ていなかったし(TVで観られないため。録画のEテレはガンガン見せてました)久々のしまじろうということで、テンション爆上がりだったようです。

夕食準備中、15分を2回再生してずっと真剣に観ていたので、体験版だけでももらってよかった。

スポンサーリンク


 

 

受講はまだ悩む

こどもちゃれんじは教材や絵本など、送られてくるものがどれも魅力的なので入会する気満々なのですが、Englishの方はまだ悩みます。

・受講費

こどもちゃれんじ会員の場合、Englishは月約3000円の、年6回お届け。こどもちゃれんじの方が月2000円強の年12回届けなので、2歳児にどれくらい教育費をかけるべきなのか。うーん。

・モノが増えすぎる?

たくさんの教材が届いて、きちんと使いこなせるか。もとい、きちんと片付けられるか。うーん。

・Youtube動画で結構英語を覚えている

私以外にも「Youtubeを見せる時はどうせなら英語のものを見せている」という人はいらっしゃると思います。が、結構いいと思います。

いつの間にか歌で英語を覚えていることがあります。

「Finger Family」「ABCの歌」はスーパーで機嫌のいい時は大声で歌っています。

アルファベットと数字も、動画の中で覚えている。

マグフォーマーの廉価版、iKing(【マグフォーマーのお値段1/7】iKingマグネット玩具を購入してみました )にはアルファベットと数字のパーツがあるので、それを見て「これは、エム!(本当はW)」とか言っています。


Learning Alphabets | Bob The Train | Kindergarten Learning Videos For Children by KIds Tv

Bob the Trainシリーズは、アルファベット、数字、色などを延々と歌にして歌ってくれているので娘の英語はきっとここから来ている。

 

ひとまずこどもちゃれんじを受講してみて考えます

おうち時間を楽しく学び多くすべく、まずはこどもちゃれんじを受講してから追加でEnglishもやるか考えようと思います。しばらくは体験DVDを見せよう。

資料請求はこちら【こどもちゃれんじ】 からリンクが飛べます。

Englishや他の講座も、希望するものにチェックをつけていくだけなのでまとめて申込めます。

 

こどもちゃれんじWorldwideとは?

資料請求のチェックをつける時に、なんだこれと思って試しに申し込んでみたこちら。

Englishよりさらに高度な内容で、中学生レベルくらいのものまで早期習得しようというものだと思います。DVDの中身は全部英語、とあったので、どんなハードな早期教育だ・・と思いましたが、一応歌やイラストが豊富なので、楽しげではありました。

ただこちらはレベル別多岐にわたる教材をまとめて購入すると20万円超えというなんだかすごそうなやつだったのと、教材もすごい量だったので我が家は体験DVDのみ楽しもうと思います。。!

世の中にはいろんな教育があるのだなあ。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。2歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました