MENU
KIKO
2022年4月〜スリランカ駐妻1年目
2018-2020年はバングラデシュにいました
海外営業→秘書→無職2姉妹の母
大福・ごま汁粉・チーズケーキが好きです

無効なトラフィックでアドセンス停止!理由を突き止めたら翌日再開しました

こんにちは。Google Adsenseのトラブルを解消した備忘録です。

目次

無効なトラフィックの問題による広告制限

先日、何気なくiPhoneのGoogle Adsenseアプリを開いてみると、収益0円の日が4日ほど続きました

おかしいな・・クリックがなくても1円とか2円とか表示される日が

このブログの収益は、かろうじてサーバー代を支払えるかどうかくらいのところなのでさほどクリック数もないのですが、0円が続くということもなかったので、どうしてだろうと思っていました。

そしてパソコンでアドセンスのページを開いてみると

広告の数が制限されているらしい!!

ポリシーセンターを確認してみると

無効なトラフィックの問題により、アカウントの広告配信が制限されている」とのこと。対応策という部分を読むと、「広告トラフィックと訪問者を確認し、自身でのクリックや悪質な業者との提携を避けましょう」と書かれています。アドセンスの広告を自分自身でクリックするのは違反行為だと知っていたし、クリックした記憶もありません。サイトを攻撃すべく何度も同一人物がクリックしているような形跡もないし、なんでだろう・・と調べてみることに。

広告配信が制限されている状態とは?

Googleアドセンスのレポートを確認し、レポート→広告の「表示回数」を見ると、

・平常時・・1PVにつき広告表示回数3〜4回

・制限時・・1PVにつき表示回数ほぼ0

となっています。自分でサイトを確認しても広告が表示されないし、明らかに制限がされています。

無効なトラフィックとは何か?

そもそも無効なトラフィックとは何か?Adsenseのサイトに説明がされていました。

  • サイトの運営者が自己クリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1人以上のユーザーが繰り返してクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 広告をクリックするようサイト訪問者を誘導するような表示
  • 自動クリックツールなどクリックを誘導するソフトを埋め込むこと

https://support.google.com/adsense/answer/16737?hl=ja

どれも心当たりがないし、大量クリックされたこともないけど一応調べてみるか・・

サイト訪問者・悪質クリックがあった場合の把握方法

自己クリックは心当たりがなく、もしどこかから悪質クリックがあったかどうかを確認するにはどうすればいいのでしょうか。

アドセンスとアナリティクスを連携する

サイトの解析ページ、Google AnalyticsとAdsenseを連携すると、どの地域からクリックがされたかなど、これまでAdsenseレポートだけではわからなかったクリックの内容について調べることができるようになります。

連携はアナリティクスページから行えます。

https://www.iscle.com/web-it/g-drive/adsense/analytics-ads.html

↑こちらのサイト様を参考にさせていただきました。

連携してからアナリティクスにアドセンスの情報が更新されるまで24時間ほどかかります。早くアドセンスのエラーを直したいしヤキモキするけど、しばし忘れて待ちましょう・・

アナリティクスからは不審なクリックを見つけられず

「無効なトラフィック アドセンス」で調べていると、「特定のエリアからの大量クリックを発見したのでGoogleに報告して解決した」という記事がいくつか見受けられました。例えばどこかの県で、広告の表示回数が1回なのに対し、クリックが10回以上あったなど。

私はこちらのサイト様を参考に、参照してみました。

1. メニューより集客=>全てのトラフィック=>参照元/メディア

2. エクスプローラーのサマリーをAdsenseに変更

3. AdsenseのCTRでソートして異常に高い確率のCTRのレコードをあぶり出す

4. 異常なCTRのレコードのチェックボックスをチェックして上にあるグラフに表示をクリック

5. エクスプローラのサマリーの下のAdsenseの収益をクリック回数に変更

6. 回数が全体に対して少なく埋もれているため、拡大目的で異常なCTRのレコードをクリック

https://qiita.com/qrusadorz/items/7895a8e60184b77368e9

1日多くても数クリックのこのサイト、満遍なく問題なくクリックをいただいており、広告配信制限がかかった日の前にはそのような怪しい動きは見当たらなかった・・

サイトの広告位置に問題がある場合が

自己クリック、悪質クリックの他の要因としては「クリックを誘発するような行為」と書かれていました。もしかして、このブログの構成に問題がある?と思い、試しに修正してみました。

修正前・・パソコン表示画面、メニューバーにカーソルを合わせると小カテゴリが出てくるようにしていました

カテゴリのプルダウン式から

修正後・・メニューバーにカーソルを合わせても何も表示されないようにしました

プルダウン無しに

もしかしたら、プルダウンで表示された箇所が、Googleで自動表示される広告位置に被っていたのかも・・と思っての修正でした。

修正したら翌日に制限解除されました

これが原因だったのか、修正すると翌日から広告表示回数が増え出しました。(アドセンスのサイトには特に解除されたとも書かれておらず、制限されていますという表示がされたままですが・・)翌々日にはいつも通りに。実際にこれが原因だったのかはGoogleのみぞ知るという状況ですが、対応が早くてありがたい・・

カスタマイズの説明サイトにもきちんと書かれていた

メニューバーを設置するときに参考にさせて頂いたサイトにも、「メニューバーが広告にかからないようにする必要がある」と明記されていました。

https://ponhiro.com/cocoon-header-menu-customize/

もっと早く対策しておくべきでした・・!

以上、「自分のサイト構成によってアドセンスが制限されてしまった」備忘録でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2018年〜2020年バングラデシュ帯同
コロナで帰国後2022年4月からスリランカ駐妻になりました。
南アジアで姉妹子育て中です。
バングラデシュ・スリランカの生活、駐在帯同準備、妊婦ひとり暮らし、0歳児と2人暮らし、子連れ海外旅行などについて書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる