南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

新イスタンブール空港【Miles&Smilesラウンジ】子連れトランジット

こんにちは。イスラム圏では断食明けのイード休暇でした。

この時期は、ドライバー休み、お手伝いさんも休みなので国内で過ごすのは困難。子が1歳3ヶ月とちょっと動く時期に入りましたが、家族3人ヨーロッパに行ってきました。

 

ダッカからヨーロッパへ行く方法は、シンガポール経由か、トルコ経由、カタールやドバイなど中東経由。今回はターキッシュエアラインがプロモーションで飛行機が安くなっていたので、トルコ経由で行きました。

 

ダッカからトルコへは8時間半。かなり疲れてイスタンブール新空港へ到着。

2018年10月29日に開港し、2019年4月6日にアタテュルク国際空港からの商業便運行をすべて引き継ぎ、全面移転が完了した

とある通り、完全移転して2ヶ月弱のぴかぴかの空港。 就航都市、本数共に多いので、めちゃくちゃ広い。

f:id:chinamk:20190609172316j:image

トランジットと書かれた方向へ向かいました。往路ダッカ→イスタンブールでは、イスタンブールで再度手荷物検査があったのですが、復路ミラノ→イスタンブールでは手荷物検査なし。EU加盟国からの乗り継ぎ便は手荷物検査なしなどの優遇がされているのでしょうか。


f:id:chinamk:20190609172412j:image

手荷物検査が終わって、制限エリア内。ぴかぴかです。

スタバなどのカフェやレストランもたくさんあって、それ以外にもソファスペースがたくさんあり、ゆったりできます。
f:id:chinamk:20190609172335j:image

掲示板も大きくてわかりやすい。


f:id:chinamk:20190609172344j:image
f:id:chinamk:20190609172426j:image

ルイヴィトンの店舗。壁が大画面のディスプレイになっています。

このヴィトンの上がスターアライアンスゴールドで入れる「Miles &Smiles lounge」になっています。ビジネスクラス搭乗客は、向かいの「Business Lounge」があるのでそちらに向かいます。

 

スポンサーリンク

 

ターキッシュエアラインMiles&Smilesラウンジ

子連れ、車椅子やお手伝いの必要な方はエレベーターから、それ以外だともう少し奥のエスカレーターから登って入るように言われます。

 

フードの充実ぶりがすごい

650人以上入るとのことで、とても広いのと、明るい場所、食事するのにいい場所、少し暗くてお茶を飲んだりのんびりするのにいい場所、ゲーム、キッズスペース、(見てないですが)眠るスペースなど設置されています。

f:id:chinamk:20190609172322j:plain

フードも、離れた場所に色々な料理が点在していて、そしてライブキッチン率が高く、楽しい。

f:id:chinamk:20190609172353j:plain

 多分ラムとチキンなどを焼いてくれるところ。人気でした。 

 

f:id:chinamk:20190609172433j:plain

月のメニュー、トルコのラビオリのようなもの。これもライブキッチンで、中の人に何人前くださいと言ってもらいます。トマトソースとヨーグルトをかけていただきます。

f:id:chinamk:20190609172325j:plain

右上トルコラビオリ、下はラムとチキンと野菜色々。このラビオリ、中華と中東とヨーロッパぽい味が融合して美味しかった。

 

f:id:chinamk:20190609172408j:image

サラダコーナー。何種類あるのっていうくらいある。

 

f:id:chinamk:20190609172313j:plain

ケーキのコーナーもありました。これはトルコ風なのか・・?普通に美味しいケーキたち。時間問わず常にありました。奥の台には、トルコ伝統的なお菓子が置いてありました。甘そうだったので挑戦していませんが・・

お茶の種類も大量にあり、またコーヒーも好きなものを淹れてもらえる充実ぶり・・

ビールは1種類でしたが、ワインはたくさんの種類がおいてありました。トルコワインも機内で飲んだだけだけど美味しかった。リキュールと、割材も豊富です。トルコらしいヨーグルトドリンクもあり。

 

スポンサーリンク

 

大人も楽しいキッズスペース

イスタンブール新空港のラウンジで一番楽しみだったのが、このキッズスペース。
f:id:chinamk:20190609172400j:image

手前は子供用の椅子が並んでいて、奥に大きな飛行機、モニター、壁に取り付けられたおもちゃなどがあります。


f:id:chinamk:20190609172319j:image

こんな可愛いポップコーンマシンから自由にポップコーンを取ることができます。これ子どもやったらめっちゃ楽しい・・大人でもやりたい。


f:id:chinamk:20190609172347j:image

よじ登ったりして遊べるスペース。歩けない娘も、つかまり立ちをしたりして楽しんでいました。壁にテレビがあり、トムアンドジェリーのアニメが延々と流れているので時々それに見入ったり。

f:id:chinamk:20190609172421j:image

中に入れる大きさの飛行機もあります。帰りは人がいなかったので、娘を抱っこして入り、コックピットに座らせて遊べました。レバーもあるし、ボタンもたくさんあるし、楽しめそう。

f:id:chinamk:20190609172436j:image

客室もあります。娘もご機嫌で座っていました。ここにもアニメのモニターあり。


f:id:chinamk:20190609172404j:image

いろんな絵が描いてあるおもちゃ。娘はひたすらくるくる回して遊んでいました。

左上の飛行機の模型も、動いて可愛い。

このキッズスペースの外にも、精密で広大なプラレールみたいな模型があったり、楽しめるところがたくさんありました。

 

多分土足

日本人感覚で、唯一ちょっと残念かな?と思ったのが、全面土足であること。靴を履いて遊ぶ年齢の子どもであれば問題ないのですが、それより小さい子どもをハイハイさせるのはちょっと躊躇します。。大人も土足で入るため。次のフライトでたくさん寝てくれるように、最後はハイハイさせてましたが。とはいえラウンジ内にこんなに楽しい場所があるのは大人にも子どもにも優しい。

 

搭乗ゲート付近にもキッズスペース?

搭乗ゲートへ向かうところ。キッズスペースみたいな標識があったので探していると、ここかな?と思うところを発見。オープンしたてで整備されていないところもまだまだあるようです。
f:id:chinamk:20190609172357j:image

オープンしたらすごく広そう。

 

f:id:chinamk:20190609172338j:image

授乳室も目の前にあるから、多分ここがキッズスペースになりそう。

 


その他、お店や休憩スペースなど見所がたくさんの空港でした。こんなところが最寄り空港だったら・・と妄想せずにいられないのでした。

子連れイード休暇についてまた書きます。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク