南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで2歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

特に意味はないけど武漢の思い出を載せてみる

スポンサーリンク

 

一時帰国しております。

新型肺炎のニュースが毎日のように聞こえてきますが、到着した関西国際空港は、特に混乱したりしている様子はなく、入国も荷物が出てくるのも税関審査もものすごくスムーズでした。

バングラデシュも現時点では感染者情報を報道で見ることはありません。が、そもそも感染しているかをチェックするツールがあるのか、具合が悪くなったときに国民の何割くらいが病院に行くのか定かではないので、チェック漏れの現地人がいたとしてもあまり驚かないかもしれません。居住・衛生状態があまり良くなく、気候が変わると一斉に体調を崩しがちな彼ら、肺炎に限らず、感染症などが流行るとすぐに広まりそうなのが心配。

 

最近毎日のようにニュースで見る武漢ですが、私が唯一短期留学をし、20歳を迎えた思い出の地。(30歳はダッカで迎えました。40歳はどこか素敵な場所であってほしい)

特に意味はないけど武漢の写真を載せて回顧してみます。

スポンサーリンク

 

 

武漢の思い出 

大学で中国語を専攻していたため、2年生の夏休み、3週間の短期留学に参加しました。

行き先は武漢市内にある大学。武漢大学のすぐ隣です。 

f:id:chinamk:20200203230734j:plain

中国の大学ってめちゃくちゃ広いと知る。広すぎてタクシーも走っています。宿舎から授業をする建物まで徒歩20分くらいかかったので、雨の日はタクシーを探していました。(当時初乗り3.5元)

 

初日に食堂で食べた何かの麺と小さな饅頭

f:id:chinamk:20200203224245j:plain

食堂で食べると味はともあれ激安でしたが、ちょっと香ばしい気持ちがあったのか、あまり食堂には行かなかった記憶。

 

代わりに通っていたのがこちら。

f:id:chinamk:20200203230751j:plain

香ばしい割に素朴チョイス。。!いや、ここくらいしか知らなかった。

お水のポットに菊の花を一つ入れた菊花茶を出してくれ、餃子が美味しいお店でした。

 

宿舎から外に出るのも20分くらいかかりましたが、外はこんな感じでした。

f:id:chinamk:20200203224304j:plain

2008年、北京オリンピックの始まる直前。賑わっていました。

 

近くにあるスーパーで日用品買い出し。

f:id:chinamk:20200203224255j:plain

室内用にお揃いのスリッパ買うところが10代っぽい。10代!

f:id:chinamk:20200203224258j:plain

この1週間後くらいにスリッパを買い直しているため、このスリッパは何かの事情で使えなくなったのだと思う。なんだっけ。

 

武漢大学を超えて湖までサイクリングに行った日。

f:id:chinamk:20200203224309j:plain

途中から大雨で、自転車を押して半泣きになりながら3時間くらい歩いた記憶。

部屋に戻ったら、先に帰っていた別の部屋の子がケンタッキーを買ってきてくれていた。優しい。

 

博物館に行った日。

f:id:chinamk:20200203224318j:plain

何を見たかは覚えていないけど、仲のいい友人が「私結構ガイコツ見るの好きなんだよね」とガイコツの展示を見て喜んでいた記憶だけあります。

スポンサーリンク

 

20歳の誕生日が近くなり、友人とケーキを見に行ったとき。

f:id:chinamk:20200203224249j:plain

当時大阪の洋菓子店でバイトをしていたのですが、いつも見ているケーキとあまりに違うタイプのケーキだったので驚きました。買わず。

 

カラオケに行ったとき。中国のカラオケはみんなそうなのか?フルーツ盛りとスイカの種、ココアピーナツ、ポップコーンなどが出てきて豪華。

f:id:chinamk:20200203230742j:plain

日本の歌もありました。

 

3週間の留学も終わりに近い頃見つけたおしゃれカフェ。

f:id:chinamk:20200203230746j:plain

iPhoneが普及し始めたのって2009年か10年くらいだから、この頃はまだGoogleマップも持っていなかった。だから自力でお店を探すくらいしかなかったのかも。

ガラケーだったので海外では使えず、同じ部屋の友人のPCを借りて時々日本にメールを送る、という生活でした。

 

スタバもありました。あんまり行ってなかったけど。

f:id:chinamk:20200203224313j:plain

武漢タンブラー。渋くて気に入っていて、しばらく使っていました。

 

スポンサーリンク

 

 

平和な中都市、というイメージがあったのですが、今や外資系企業もたくさん拠点を置いている武漢。ニュースを見ていると、病院に人が殺到していたりして、大変な様子。

過去に中国での何かのニュースを見て、どうして順番を待たず我先にと急ぐんだろう?と疑問に思っていたとき、会社の先輩が「きっと普通に待っていたら5億番目くらいになるからじゃない?」と言っていたのが一番腑に落ちた答えでした。

5億番目でも10億番目でも、確実に順番が回ってくるようになればいいのになぁと実家でバングラ生活の心労を癒しつつ思うのでした。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。1歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。