南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

【茨城・週末プチ旅行にも】かみね動物園がめちゃくちゃ良かった

ひたち海浜公園だけじゃない!北茨城のお出かけスポット・動物園

スポンサーリンク

 

先日、義母・私・娘(1歳)の3世代で茨城県日立市にある、かみね動物園に行ってきました。

www.city.hitachi.lg.jp

 

近郊の幼稚園、小学生などの間では、定番の遠足スポットであり、おそらくみんな小さい頃に一度は訪れたことがあるという場所。

行ったことがある人たち(といっても30年前くらいの幼少期)からは、「ゴリラがフンを投げてくる」くらいの情報しか得ることができませんでしたが、ゴリラがフンを投げるところなんて滅多に見られるものではないので、大いに楽しみにして行きました。

 

結論、ゴリラはいなかったけど、めちゃくちゃ楽しかった。

ゴリラの話は後程・・

 

アクセス、入場料は?

入場料は、大人(高校生以上64歳以下)540円。小人(4歳から中学生まで)100円。65歳以上無料。

3歳以下、大人、65歳以上の3世代で行ったら全員で540円。。安すぎる。。!

 

動物園へのアクセスは、車か、JR日立駅からバスがあります。

日立市かみね動物園|アクセス

が、バスは本数が少な目であり、またバス乗り場から動物園入り口まで坂道を登るので、車が無難な気がします。

スポンサーリンク

 

 

多くの動物たちに出会った 

想像以上に動物多め。 

入り口から見える場所に象
f:id:chinamk:20190717113019j:image

まず入り口を入る前から見えているのが、象。

象がいる動物園とかもはや、めっちゃちゃんとしてるやん。。と期待してしまう。いやいや、象とゴリラくらいしか見所がないのかも。

それにしても、平日なのもあり、人が少ない。象も2,3人しか見てない。

 

餌やりイベントあり

f:id:chinamk:20190717113232j:image

象を通り過ぎると、本日のイベント(主にもぐもぐタイム)一覧が。イベントめっちゃある!象とゴリラ以外も充実している・・?

 

怖いもの見たさで爬虫類館 

もぐもぐタイムも気になりつつ、まずは嫌がる義母を横目に爬虫類館へ。室内展示になっています。こんなの昔(20世紀)はなかったわぁ〜とのこと。昔はワニなども外に展示していたらしい。義母も恐る恐る付いてきてくれた。

f:id:chinamk:20190717113022j:image

大きなトカゲ?その他、数々のヘビやワニもいました。爬虫類館だけで結構なボリューム。ダッカの我が家にも、常にヤモリが2匹くらいいてます。ダッカに来て初めて、ヤモリの鳴き声を知りました。鳥みたいです。

この辺りで、「もはやゴリラだけの場所ではない」と確信する。

 

げっ歯類も

外に出て散策。順路が書いてあるので、その通りに進みます。
f:id:chinamk:20190716212240p:image

プレーリードッグ。後ろ足でジャンプしてました。可愛い。

 

この動物園の楽しいところは、動物の前に書かれている説明書き。動物一匹一匹の名前や生年月日、性格が書かれていてとても親近感がわく。「いつも母親にくっついている」と書かれていて、見たらほんとにくっついていたり。「カピバラは温泉に入らない?」など気になるコラムが書かれていたり。プレーリードッグとミーアキャットの違いなど、似たような姿や名前の動物たちの違いが紹介されていたり。

 

霊長類たち

すごいなぁと思ったのはお猿さんたち。
f:id:chinamk:20190717113948j:image

f:id:chinamk:20190716212208j:image

チンパンジー、たくさんいます。改めて見ると、本当に人間に近い。

f:id:chinamk:20190716212222j:image

小さな猿たちは、近くで見ることができました。娘も動く動物に興味津々。

 

テナガザルは、体操選手ばりの大車輪を見せてくれました。これも観客3人くらい。サービス精神旺盛。

そのほかにも、クモザルという手足が長い猿が、頭上の鉄塔から鉄塔を綱渡りしたり、楽しい展示がたくさんでした。

マンドリルもいました。よく見ていると、自分のうOちを手ですくって、他のところに置いてた。置きっ放しにしないのがすごい。霊長類面白い。

スポンサーリンク

 

 

ふれあいコーナー

ふれあいコーナーでは、うさぎとモルモットを抱っこすることができます。こちらも待ち時間なし。マザー牧場やとめっちゃ待ちそうなやつ
f:id:chinamk:20190716212235j:image

膝の上に敷く布を貸してくれます。大人しくて可愛い。


f:id:chinamk:20190716212305j:image

ヤギものんびりしています。


f:id:chinamk:20190716212211j:image

屋久島に生息するシカ。オスメスペアで2組、それぞれのんびりしていました。仲睦まじい。なんか、ええなぁ。



百獣の王も平日はギャラリー少なめ
f:id:chinamk:20190716212218j:image

ライオンがいました。迫力すごい。。!でも誰も見てない。。!これ、観光地とか都会の動物園だったら絶対みんな見るやつ・・!

途中でメスがやってきて
f:id:chinamk:20190716212245j:image

オスが座ってた場所を変われという感じで交代しました。

 

カバとフードコート

食事ができる、フードコート前にいるのはカバ。
f:id:chinamk:20190716212215j:image

カバが歩いてるところとか初めて?見た。これがすごいスピード出ると思うと怖すぎる。手前は結構広いプール?池?なのですが、毎週掃除しているようです。動物園の方々、すごすぎる。

 

園内でお昼も食べられます 

お昼は、カバの前のフードコートで食べました。

ラーメン、うどん、焼き鳥丼、牛丼、フライドポテトなど、よくありそうなやつが600円前後で売っていました。価格も良心的。

お弁当を食べるスペースもたくさんあるので、お弁当を持ってきている人たちも。キッズチェアも10脚以上置いてあって、優しい。

離乳食完了期の娘が食べられそうなのはうどんくらいだったかも・・?小さい子どもには、食べ物を持っていった方がいいかもしれません。

夏場は保冷を! 

おにぎり 保冷ポーチ スイカ IMM-0543

おにぎり 保冷ポーチ スイカ IMM-0543

 

 

スポンサーリンク

 

ゴリラについて 

一通り見て回り、あれ?そういえばゴリラいないなぁと気づく。

 

猿のエリアをぐるぐるして、やっと見つけた張り紙。

2008年にメスのゴリラが、2012年にオスのゴリラが亡くなってしまい、今はもうこの動物園にはゴリラはいません。そして日本にも数少なくなってしまったゴリラ、再びこの動物園に来る見通しは立っていません、と。

 

f:id:chinamk:20190717153928j:imagef:id:chinamk:20190717153932j:image

かみね動物園サイトから画像をお借りしました。*1

このゴリラの像も、生前に作られたのですね。

また、どこかでゴリラに出会えたらいいなぁ。

 

帰り道に、遊園地

動物園から出口へ向かう道中に、遊園地があります。小さい子どもでも乗れるアトラクションが主。だいたい1回乗るのが200円から300円くらいです。

そのままスルーしようかと思っていたら、義母がのりもの券を買ってくれていた。

 

ほぼ貸切のメリーゴーランド

f:id:chinamk:20190717154430j:image

乗客が一組でもいたら、動かそうとしてくれる係員さん。馬に乗るか、馬車に乗るか選び放題でした。乗ってみたら、楽しかった。今回は馬車に乗ったけど、次は馬に乗る。

 

ほぼ貸切の列車
f:id:chinamk:20190717154426j:image

コースを3周してくれる列車もありました。これは義母に乗るように勧め、私はカメラマンに徹しました。ちょっとした義理の親孝行ができた気がします。義母のお金やけど。

 

他にも、周りながら上下する乗り物とか、ブランコ型の乗り物とかもう少し大きい子も楽しめそうな乗り物もありました。

屋内の落ち着いたカフェもあり。

 

所要時間は?

最初から最後までゆっくり回って、4時間くらいたっぷり楽しみました。

 

週末の遠出、一泊旅行にも

東京から車で2、3時間で着くので、週末の旅行にもお勧めします。

ひたち海浜公園でコキアを見たり

f:id:chinamk:20190717224305j:plain

大洗まで行って海鮮を食べたり、めんたいパークに行ってみたり、時間があれば牛久の大仏を見に行ってみたりできるかと思いました。

 

追記

読者登録させて頂いている、

ダジャレ先生の面白くてためになるブログ 様から、

・竜神の大吊橋

・袋田の滝

もあるよ、とコメント頂きました(^^) 義実家へ初訪問の時に連れて行ってもらった場所なのに書き忘れていましたので追記します。

f:id:chinamk:20190807223740j:plain

竜神大吊橋。バンジージャンプできます。

f:id:chinamk:20190807223737j:plain

袋田の滝。トンネルの中から、すごく近寄って見ることが出来ます。2月に行ったのですが、一部凍っていました!

 

またバングラ情報関係ないですが・・いつもありがとうございます!!

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

我が家はいつも楽天からレンタカーを予約です。各レンタカー会社の料金を比較でき、楽天ポイントが使える。