MENU
KIKO
2022年4月〜スリランカ駐妻1年目
2018-2020年はバングラデシュにいました
海外営業→秘書→無職2姉妹の母
大福・ごま汁粉・チーズケーキが好きです

万能調味料・KALDI酸辣醤(サンラージャン)の美味しい食べ方

先日久しぶりに行ったKALDIでは、ダッカでも愛用している麻辣醤に加え、初めて酸辣醤を買ってみました

f:id:chinamk:20200527143413j:plain
左・赤パッケージが麻辣醤 緑パッケージが酸辣醤。110g入り各415円。

麻辣醤の方は、麺に入れたりスープに入れたりお肉に載せたりとアレンジ自在だったのですが、酸っぱいとなると使い勝手はどうかな・・とちょっと思いつつ購入。しかしとても使えそうなので我が家の食べ方(まだ開けて数日)を紹介します。

目次

KALDI食べる酸辣醤とは?

https://www.kaldi.co.jp/ec/img/532/4515996926532_S_1_1m.jpg

生姜、唐辛子、ニンニクをたっぷり使った「燃焼系調味料」。まろやかな酸味と辛みがクセになる香味豊かな食べる調味料です

原材料:生姜、菜種油、玉ねぎ、醸造酢、唐辛子、食塩、落花生、砂糖、魚醤、ごま油、ごま、にんにく、コリアンダー、パクチー/調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に落花生・ゴマを含む)

麻辣醤が、「食べるラー油」のように油がたくさん入っているのに比べ、こちらは油少なめ、刻み生姜ベース。他に刻んだにんにく、落花生も入っていて、食感のアクセントになっています。

酸っぱいのか?と思いつつ食べると、意外とそんなに酸っぱくなく、生姜とパクチーの爽やかさが暑い時期にもすごく食べやすい。とはいえパクチー嫌いの夫でも、「これはパクチーがわからないから食べられる」そうです。麻辣醤が中華テイストだとしたら、こちらはエスニックテイストの刻み生姜

香味野菜好きの私は、麻辣醤よりこっちの方が好きかもしれない・・!

アレンジレシピ

KALDI公式サイトにも、ご飯のお供や麺、野菜などなんでも使えるとあったので試してみました。

そうめん×生卵×めんつゆの組み合わせに載せてみました。爽やかでちょっと辛くてめちゃくちゃ美味しい。

f:id:chinamk:20200526230141j:plain

写真は載せる前・・家でのお昼ご飯にすぐできて良いです。

冷しゃぶ

これも絶対合うやつです。茹でたキャベツ、ナス単体にも酸辣醤はよく合いました。

f:id:chinamk:20200526231714j:plain

餃子

これはKALDIサイトでも推奨されていたもの。生姜が口をさっぱりさせてくれて、いくらでも食べられそうになるやつです。

豆腐

醤油やポン酢の代わりに。ただの冷奴がちょっとしたご馳走になるやつです。

温野菜・生野菜

もはや酸辣醤を食べるために野菜を準備していると感じる。

ちくわなどすり身系

淡白な味のちくわやかまぼこにもめちゃくちゃ合います。

マヨネーズと混ぜると万能ディップソースに

そのままでも美味しいですが、マヨネーズと合わせると程よい酸味が美味しいディップソースになります。ブロッコリーやきゅうり、キャベツなどいくらでもいけます。

逆に合わない食材はあるのか?

色々と合わせてみて思ったのは、「醤油をつけて美味しいものにはなんでも合う」ということ。お刺身などにも合いそうです。

合わない食材はあるのか?考えてみましたが、強いていうと「洋風ハーブが効いた食材」ではないかと思いました。今日のお昼ご飯、ソース焼きそばには酸辣醤が合いましたが、スープに入れた「バジル入りソーセージ」には合わせたいなとは思いませんでした。多分一緒に食べると美味しいのだけど、酸辣醤がバジルを完全に消してしまうだろうなと。

ダッカに持っていくものリスト入り

これは美味しい。リピートして、ダッカにも持って行こう。

いつになるかわからないけど・・!

 KALDIで買ったもの

あわせて読みたい
KALDIのブラウニークッキーレポと、ダッカで唯一恋しくなる味 義実家から車で行ける距離に一軒だけあるKALDI。 これまでコロナの影響でずっと閉店していましたが、営業再開という知らせを受け、買い物に行って来ました。 これまで家...

 また海外に行くなら買うもの

あわせて読みたい
【一時帰国】日本で買ったもの、買えばよかったもの バングラ在住の方、特に小さな子どもがいると、こちらで手に入らないものが多いため、大量の買い出しをすることになります。 我が家も例に漏れず買い出しを。買ったもの、買えばよかったものをまとめます ショップ別・一時帰国で購入したもの  家電屋

にほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2018年〜2020年バングラデシュ帯同
コロナで帰国後2022年4月からスリランカ駐妻になりました。
南アジアで姉妹子育て中です。
バングラデシュ・スリランカの生活、駐在帯同準備、妊婦ひとり暮らし、0歳児と2人暮らし、子連れ海外旅行などについて書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる