南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで2歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

バンコクでベビーカーを買う

一足早く、年末の買い出し休暇を取ってバンコクへ行ってまいりました。

バングラデシュの年末年始の休日は、

・クリスマスは休日

・それ以外は全部平日(大晦日も元日も)

ということなので、我が家の楽しみは終わり(泣)、大晦日も元日も通常営業モードです。

スポンサーリンク

 

 

バンコクでベビーカーを買う

今回、旅の序盤に以前シンガポールで購入した簡易バギーを紛失したことを知る。

www.bananacake.xyz

(夏から実家で保管、東京で会うときにわざわざ持ってきてくれた母ごめん) 

バンコクは5日間だし、さすがに2歳近い娘をずっと抱っこは互いにしんどいだろうと思い、ベビーカーを購入することに。

 

おすすめ店舗・マザーケア エンポリアム店

おそらく一番品揃えがあるのでは?と思う、プロンポン駅直結・エンポリアム3階にあるMother Care

goo.gl

 

日本のApricaなどのブランドや、イタリアのChicco、Joie、マクラーレンなど種類様々。STOKKEは置いてなかったような。私が以前に購入した、リクライニングのないバギータイプも置いてありました。

やはり海外ブランドはシンプルなものでも2万円以上と、普段バングラで使わないからちょっと勿体無いな・・と思っていたら、3000バーツのベビーカー発見。(1万円少し)

GLOWYという見たことのないブランドでしたが、どうやらタイのブランドの様子。

リクライニングができるものである他、デザインや色はすごく可愛くて、ブランドにこだわらないのであれば良いかもしれません。

f:id:chinamk:20191226144250j:plain

 日よけも完備、のぞき穴までついてます。黒、赤と、デニム調の生地もありました。元値4000バーツくらいなのをセール中。たたんだものを入れるリュック型のバッグも付いてきます。

 

トイザらスには置いてないかも?

エンポリアム内のマザーケアに行くまでに訪れたのが、Funarium横のマザーケアと、その近くのトイザらス。トイザらスにはベビーカーを置いていませんでした。小さめ店舗だったからなのか、バンコクのトイザらスにはあんまり置いてないのか・・

Funarium横のマザーケアは2種類のみの扱い。店員さんに聞くと、エンポリに行った方が種類あるよーとのことでしたので、エンポリに行きました。

スポンサーリンク

 

 

バンコクの道をベビーカーは歩きやすい?

f:id:chinamk:20191226134612j:plain

正直なところ、めちゃくちゃベビーカーを押しにくい・・!!(綺麗な道もあるのだろうけど)

建物を作るたびにその前の歩道も作り変えているのか、はたまた樹木が多いからか、、人ひとりがやっと通れるかなくらいの場所も多いので、私ひとりだったら結構難しいかもしれない・・。

 段差がめちゃくちゃ多いので、もしかしたら三輪のベビーカーの方が操作しやすいかもしれません。我が家がお下がりでいただいたものは三輪なのですが、バスに乗るときなど、軽々と前輪を上げられました。

操作性抜群

 

これまでバンコクへは抱っこ紐オンリーで行っていたのですが、ベビーカーで行ってみると、レストランなどにもそのまま入れてもらえたり、キッズが多いモールにはエレベーターがきちんとあったり、意外といける!と思いました。何よりタイのみなさん子連れベビーカーに優しい・・。 

ベビーカー、もう失くさないように、大事にたくさん使おうと思います。 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。1歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。