南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

国際線フライト│往路は1歳・復路は2歳の場合

スポンサーリンク

 

家のトラブル(主にカビ)に追われ、ブログを見る時間がなかなか取れずにいました。

掃除や洗濯を日々いたちごっこのように続けていますが、呼吸器系の病気にならないかが心配。

トラブルに追われても、綺麗な景色が見られたり、ショッピングをしたり、ちょっと外で美味しいスイーツを食べたりお酒を飲みにいけたらストレスは軽減されるのかなと思うのですが、そういったものがないこの国の生活、なかなかハードです。

 

そんなこの国から、もうすぐ3週間余りの一時帰国。(帰ってきてから家がどうなっているのかが怖すぎる)

娘は帰国時は1歳ですが、日本で誕生日を迎え、戻ってくるときには2歳になります。

f:id:chinamk:20200126132706j:plain

 

国際線フライト│2歳から座席使用に

1歳の間は座席を取らず、膝の上かバシネットを利用していましたが、国際線フライトでは2歳からはひと席取るように規定されています。(ANAなどの日本国内線は3歳から)

シンガポール航空でダッカ・日本を往復するのですが、その場合どのように予約すればいいのか、代理店経由でシンガポール航空に確認しました。

スポンサーリンク

普段はSkyscannerでフライトを確認して予約することが多い 

1歳児料金で予約

シンガポール航空の場合/フライトを予約する際、子どもの年齢を入力するところは一つしかありません。往路が1歳の場合は、1歳として予約するようです。

往路は座席無し、復路はひと席用意

往路は前が壁のバシネット席を利用できます。復路は2歳、航空会社の規定では座席を利用する必要があるため、シンガポール航空で座席を用意していただけるとのこと。しかし、必ず往路フライトの1週間前に、電話でその旨を伝えてくださいと言われました。

往路フライトの1週間前に、日本のシンガポール航空に電話し、ひと席準備していただけるよう確認する。

今回、料金は変わらず、1歳児料金で往復可能とのことでした。

 

航空会社に確認を

2歳の誕生日を超えての往復フライトはなかなかないかもしれませんが、上記はあくまでシンガポール航空の、今回の対応でした。今回以外の場合や、他の航空会社では対応が異なる場合が多いと思いますので、ネット予約した場合も、必ず予約番号を伝えて航空会社に電話またはメールをすることをお勧めします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 ABOUT- この記事を書いた人-

f:id:chinamk:20190904155915p:plain

KIKO

バングラデシュ駐妻2年生。1歳児の母。普段はぐだぐだ引きこもり生活。反動で海外・日本では子連れお出かけ多め。旅は、計画を立てるところから好き。詳しいプロフィールはこちらから。