南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

バンコク・アメリカンな雰囲気で自家製グラノーラとフレンチトースト

こんにちは。お正月はダッカで静かに過ごしております。今日は新年初めて買い物をするために45分外出しました。引きこもり生活にすでに飽きてきていますが、一方娘はいつもの日常が戻ってきてなんだか嬉しそうです。

 

バンコクで買い出し休暇を過ごした時の記録です。

 

バンコクでの朝ごはん

バンコクの朝といえば、通勤の人が買って食べるための屋台がたくさん並んでいて、台湾の朝にも似ています。(台湾に出張していた時はボリューミーなおにぎりとか買ってました)

しかし意外?にもおしゃれなカフェもたくさんやっているようです。

たまにはホテルじゃないところで朝ごはんを食べようとなり、夫が検索してくれたカフェ、Breakfast Storyさんへ。

フジスーパー1号店すぐ近くの隠れ家カフェ『breakfast Story』でランチ@プロンポンsoi33/1 | 夫婦ふたりバンコク滞在生活

こちらを拝見。

1階はBar

扉を開けるとバーでした。あれ、やってないのか。と思うと、店員さんや中にいたお客さんがみんな上だよと言ってくれて、たどり着く。

可愛い内装!

f:id:chinamk:20190103173548j:plain

そしてアメリカンな雰囲気漂う。お店はほぼ満席で、混んできたら相席ねと言われました。6割くらいが欧米人、3割くらいが日中韓。

f:id:chinamk:20190103173551j:plain

 

オーダーしたもの

朝食メニューも、軽いフルーツやヨーグルトからかなりのボリュームのあるBLTサンドのようなものまで幅広い。名物はフレンチトーストのようです。

前日の夜ごはんしっかり食べていたので、私はギリシャヨーグルトにグラノーラとフルーツがトッピングされたものを。150バーツ。

f:id:chinamk:20190103173603j:plain

あっさりしているけど結構ボリュームあって食べ応えあり。グラノーラも自家製で、ピーカンナッツも入っていて美味しい。体にいいことした気分になるやつです。

 

夫はクラシックフレンチトースト250バーツ。ふわふわの食パン2枚ぶんあるのでこちらもボリュームがすごい。卵感とバター感がしっかりしていました。フレンチトースト自体は甘くなくて、まさにクラシックと言った感じ。

f:id:chinamk:20190103173614j:plain

アイスコーヒーは、コールドブリューと書いてありました。ラテ90バーツ。違いがわかるかわからないか微妙なところですが、確かにしっかりしたコーヒー。

f:id:chinamk:20190103173557j:plain

ホットだとブラックコーヒーになるよとのこと。ただしホットはセルフでお代わり自由のようです。

 

場所

プロンポン駅、買い出し御用達のフジスーパーからすぐのところにありました。

あの辺りはマッサージ屋さんもお蕎麦やさんもパン屋さんもあるし、何かと便利。

 

 

593/27 Sukhumvit Road, 2nd Floor,

(Soi Villa near 33/1)

Bangkok 10110 Thailand

(above Hair of the Dog)

(66) 02-258-1461

Open Monday to Sunday 7am-4pm

 

いつかおなかをすかせてサンドイッチも食べてみたい。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーリンク