南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

海外駐在 持ってくるべきだったもの

ダッカに住み始めて早3週間。

こちらは特に日本人同士の結びつきが強いのか、会社関係の方、子ども繋がりの方など人から人を紹介して頂き、たくさんの方と知り合うことができました。

ただ、所属している会社や組織によって、外出できる範囲は様々。

家の近辺なら歩いていいと言われているところもあれば、うちのように1分の距離でも車に乗るよう指示されているところもあります。

また、決められたお店でのランチが許されているところもあれば、ホテルなどほんの少しの場所でだけ許可されており、ほとんど外食しないというところもあります。

したがって何かの集まりの際は、誰かのお家で開催されることが多いようです。

私もこの3週間で何度かお家にお邪魔する機会がありました。

 

日本にいるときには全く想像していなかったのですが、こちらに来て強く思ったのは、「来客用のお茶セットを用意しておくべきだった」ということ。

バングラデシュに限らず、他の国で駐在妻をしている友人のインスタなどを見ても、やはりホームパーティー率が高い。

もうすぐ母と姉とシンガポールで会うので、そのときに何か持って来てもらおうと考えています。

来客セットで必要だと思ったものは下記。

  • おしぼり、おしぼり置き
  • スリッパ
  • コーヒーと紅茶を淹れる何か(かさばるし壊れやすそうだから現地調達でも良さそう)
  • 同じ形のお皿 多め
  • 割り箸もしくは箸 多め
  • スプーン、フォークなどカトラリー類 多め
  • コップ プラスチックも可、多め
  • 湯のみ 大人の集まりでは湯のみの下に敷く皿みたいなのも
  • コーヒーや紅茶をいれるカップ
  • ランチョンマット
  • 大皿 複数
  • 子どもが集まる場合は、子供用のプラスチックの皿、蓋つきコップなど

子どもが集まる会の場合は特に、こぼしたりしやすいので、100均などで数を揃えるのがベターだと思いました。

大人だけの会であれば、好みのお皿などを持って行ったり、現地で探しても良さそうです。

 

と今日は先輩奥様のお宅にお邪魔して、素敵なおもてなしを受けて思いました。

子育てしながらだとなかなかやる気が起きなかったですが、レシピも頂いたので、料理もできることを増やしていきたいなとモチベーションが上がった日でした。

f:id:chinamk:20180919215017j:plain

f:id:chinamk:20180919215208j:plain

素敵すぎて思わず写真を載せてしまいました。