南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

ダッカ おむつレポート1

おむつは日本のものが良いとはわかりつつ、かさばってたくさんは持ってこられなかったので、現地で手に入るものを色々と試してみたいと思います。

おむつの種類がたくさんあったのは、ダッカの外国人御用達スーパーのユニマートです。

 

 

f:id:chinamk:20180907211419j:plain

f:id:chinamk:20180907211425j:plain

パンパースは私が見たものは全てパンツタイプで、まださほど動かない娘が使うテープタイプはありませんでした。

 

お尻に良さそうなものはどれだろうと色々と悩み、とりあえず目についたものを試していくことに。

まずはパッケージがなんとなくオーガニック感の出ていたNeo Care。

f:id:chinamk:20180908012122j:plain

サイズは日本で使っていたメリーズのMサイズと同じくらい。

f:id:chinamk:20180908012132j:plain

やはり日本のに比べると紙が硬い。。テープ部分も硬い。。

そして海外のオムツはおしっこサインがないものが多いのか、こちらもありませんでした。なくてもなんとかなる。

f:id:chinamk:20180908012141j:plain

うんち漏れも心配しましたが、背中、太ももの隙間どちらからも今回は漏れることなく頑張ってくれました。

そして特にお尻かぶれすることもありませんでした。

懸念点は、紙が硬いからお腹周りがチクチクしないか心配であることです。

25枚800円くらいだったような・・

 

次はgiglesというオムツ。後から調べですが、トルコのブランドだそうです。40枚入り1400円くらいで日本でオムツを買うよりは割高。

f:id:chinamk:20180908013829j:plain

先ほどのオムツよりは少し柔らかいような。こちらもおしっこサインはありません。

f:id:chinamk:20180908013845j:plain

特筆すべきはサイズが小さめであること。またがみが他の同じサイズより小さいので、完全に娘のおへそが出てしまいました。

f:id:chinamk:20180908013843j:plain

中は割と柔らかめ。ただおしっこをしたときに他のものに比べてちょっと臭いがするような。あとは動くとおへそ周りの部分が少しくるくるになってズレがちなので気をつけないとと思いました。

 

もうすぐgigglesの在庫もなくなるので、また新たなブランドを見つけたら仕入れたいと思います。