南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

離乳食初期、野菜スープ作り ホーロー鍋(バーミキュラライスポットミニ)

明日はいよいよ夫が帰国。そして約半月の滞在後、バングラデシュ渡航します。

なんか書いてて急に緊張してきました。

うつ伏せから動きたそうな娘を見て久々に児童館に行って、これくらいの月齢になると児童館も楽しくなってきた!と感動したところなのに。

 

娘も来週には6ヶ月。ということで、日本の食材が手にはいるうちに、離乳食デビューをすることにしました。せっかくなので初めてのご飯は夫が帰ってきた翌朝から。夫帰国後は作る暇もないだろうから今日から仕込むことに。

 

まずは野菜スープ作り。初めての野菜スープは近所のお気に入りの八百屋さんで新鮮な野菜を使って・・と思ったらお盆休みでした。また別のミニスーパーに行くと、野菜売り場に「カレーセット」なるものが。玉ねぎ1、人参1、じゃがいも2個のセット。ありがたい。これにキャベツを1/4買いました。

 

どうせ使うのはスープだけだからと全て適当に切って、お鍋に放り込んで、水を200cc入れて(350くらい入れればよかった)バーミキュラライスポットの弱火で25分。

f:id:chinamk:20180814224121j:plain

見えづらいですが、下の方のジャガイモや人参もいい具合に煮えています。

 

あとはこの中のスープをフリージング用トレーに移すだけ、、なのですが、

鍋から具材とスープをボウルに移す→ボウルからザルを使ってスープを取り出す→フリージング用トレーに移す という作業がなかなか面倒でした。こぼれるし。

ボウルはこれを使っているのでそのまま傾ければスープが出てくるのですが、、具材もこぼれそう。(お米研ぐのはこれ便利。あとやたらとおしゃれ)

 

フリージング用トレーは、リッチェルの25cc x 12個のものを使用。25x12=300ccだからそれくらい水を足しておかないといけなかったのですね。計算を怠っていたので最後の方は濃いめの野菜スープになっていると思います。

 

使う野菜は、ネバネバした根菜(山芋とか)以外は基本なんでもいいみたいです。離乳食講習会に行ったときは、普通の片手鍋で作っていました。

 

あとはお粥を作らねば。娘の反応が楽しみです。

 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村