南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

一人暮らし(乳児と二人)とバーミキュラライスポットミニ

バーミキュラライスポットミニがうちに来て約2週間。

3ヶ月の娘と二人暮らしという完全ワンオペ育児にはかなりなくてはならないものになりつつあります。

ガスコンロのように「火にかけている間に子供が泣き出して中断」とか火をかけていることを忘れる(←ヤカンでお茶を沸かすときによくやる)ことがないため。

 

まずは切り干し大根。袋から出してささっと洗ってだし汁、野菜とタイマーセットして火にかけるだけ。切り干し大根の戻し汁を逃さないので栄養ありそうです。

f:id:chinamk:20180525075019j:plain

 

蒸し鶏。キャベツと一緒に蒸しました。

これもお肉の表面に酒をふって、キャベツとお鍋に入れて無水調理。

f:id:chinamk:20180525075023j:plain

鶏胸肉がジューシーです。。

f:id:chinamk:20180525075026j:plain

 

かぼちゃの煮物も、かぼちゃを鍋に入れて醤油、みりんを大さじ1ずつ入れるのみ。入れなくても美味しい気がする。

f:id:chinamk:20180525075031j:plain

 

自分では作ったことのなかった温泉卵も。70度にキープした状態でタイマー20分。感動。家に食材がなかったので、納豆そば。卵があると簡単ご飯もグレードアップします。

f:id:chinamk:20180525075042j:plain

 

娘と遊んでいる間に時間がきても自動で止まるので大丈夫・・ですがどうしても早く蓋を開けてどうなったか見たくなります。

産後の育児を家電に頼って乗り切る記録でした。