南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

“南アジアで子育て”

ひとり暮らし(プラス娘)バーミキュラライスポットミニを購入しました

社会人になり実家を離れて8年目、一人暮らしの時も結婚して夫と暮らしていた時も炊飯器を持っていませんでした。ひとり暮らしだと置く場所がないから、ということで圧力鍋を駆使し、白米や玄米を炊いていました。

里帰りから自宅へ戻り、母乳育児をするためにもきちんとご飯は食べようと思い、炊飯器の購入を決意。圧力鍋だと火加減調整や時間を計って火を消したり、という作業が必要なので、タイマーが使える炊飯器がやはり便利と判明。

せっかく買うのなら、と美味しいご飯が炊けるというバーミキュラライスポットミニを購入しました。

 

キッチンに置く場所がないので、テーブルに置く。

f:id:chinamk:20180515232032j:plain

ミニ(3合炊き)なのでさほど大きくない

 

白米は、浸水30分+炊飯30分でできます。(時間がない時は浸水時間は省略できます)

f:id:chinamk:20180515232145j:plain

出来上がり

f:id:chinamk:20180515232244j:plain

確かに、お米一粒一粒がしっかりと炊けていて、ベタッとせず美味しい。。。

保温はできないので、食べない分は冷凍しました。圧力鍋時代も即冷凍だったので、ここは変わりなし。冷凍したものを解凍してもなお美味しい。

 

 

翌日、余っていた野菜を入れて無水ミネストローネを作りました。

朝娘が寝ている間に野菜を切る→夕方合間を見計らって野菜、鶏ひき肉を投入、塩コショウをして弱火で30分(タイマーで自動で止まってくれる)→トマト缶を入れて弱火10分。

まず、野菜と塩コショウだけの段階でものすごく美味しい・・玉ねぎは特に甘みがすごく出ていました。キャベツも。トマト缶だけだとトマト味が強くなるから、コンソメやケチャップなどを足してもいいかも。

f:id:chinamk:20180515232410j:plain

写真映えもするような。

完全ワンオペ育児+役所に行ったりやることたくさんでついついご飯をおろそかにしてしまいがちですが、新たな発見を求めて、色々と作ることができそうです。

問題は食べる時間がない。。!

食事中は音のなるメリーを回して娘に待っててもらっています。