南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

0歳児海外渡航 予防接種スケジュール(作成中)

 我が子も生後2ヶ月が過ぎ、予防接種がスタートしました。

2ヶ月では、公費で受けられるB型肝炎、ヒブ、肺炎球菌の他、自費でロタウイルスワクチンを受けました。

自治体から配布されたスケジュールを見ると、6ヶ月までに受けるワクチンは他に4種混合とBCG。ほとんどが3回接種が必要なものなので、毎月3、4種類を受けていくスケジュールです。

 

一方、南アジアへの海外渡航の際に推奨されているワクチンは、公費で受ける予防接種に加えてA型肝炎、腸チフス狂犬病おたふく風邪、水痘、日本脳炎など。これらは1歳未満で受けられるものもあれば、おたふく風邪や水痘は通常1歳から接種となっているものもあり、 医療機関にていつ受けられるかの確認が必要です。

次回3ヶ月の予防接種からは、東京の自宅近くの病院に通う予定なので、渡航予定の0歳6ヶ月までに何が受けられるか、確認したいと思います。

また同時に会社側にも、実際の渡航先の様子を聞きながら何を優先的に接種すべきか確認したいと思います。(渡航先は基本的に外出禁止のため、狂犬病ワクチンを打ってもあまり犬に会う機会もないとのこと)

 

予防接種スケジュールを表にしてみました。海外渡航に必要な部分(赤枠)は、確認後に更新していきたいと思います。

◯・・・未接種   ⚫️・・・接種済み

f:id:chinamk:20180430110807p:plain