南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

産前にやってて良かった自分メンテナンス〜臨月にマツエク〜

以前、出産予定日9日前に人生初のマツエクをしたと書きました。 

omame0303-bgd.hatenablog.jp

 

これが産前の自分に関わることで、美容院に行っておくと並んでやってて良かったことだとひしひしと感じています。

 

まず、出産直後に分娩台で赤ちゃんと 一緒に写真を撮ることになるのを想定し、その時にどスッピンより少しでも可愛く写ればな・・と思って行ったマツエク。

結果として帝王切開になったので、翌朝に車椅子で会いに行く形にはなったのですが、もちろん化粧をすることはないのでマツエクのみで写真撮影。少しだけ目ヂカラ強く写っていた気がします。

 

その後、母子同室が始まり、慣れない深夜の授乳も始まりました。授乳室に入る前に手を洗うのですが、鏡に映る自分の顔が日に日に疲れていく・・・しかしまつ毛だけはぱっちりしてるので、若干フェイクになりました。疲れてても一部ちょっと綺麗にしているパーツがあれば気分が上がる、というのは本当だったようです。

また、退院の日に短時間で化粧をするのにも役立ちました。(病院内のレストランでお祝い膳を頂いたので、化粧しておきたかった)

 

退院後はずっと家にいて子どものお世話と時間があれば昼寝、ほとんど鏡を見ることがないような日々を送っていますが、やっぱり「完全に疲れ切った顔」にならないのはいいポイントだなと思います。また化粧をしないので、クレンジングなどがない分少しはマツエクも長持ちしているのかなと。(1ヶ月経ったけどあんまり抜けた感じがしない)

施術時間も1時間くらいだったし、またいける時があれば行きたいなぁ。でも1時間あれば他のことしたいとか思うんだろうなぁ。

 

施術は基本的に仰向けになるので、臨月だと体調次第というのもありますが、マツエクは今後出産する友人にもおすすめしたい、という記事でした。