南アジアで子育て

夫の赴任に伴い、バングラデシュで1歳児を連れて生活。一人暮らし妊婦生活、東京での娘との二人暮らしを経て渡航。気づいたこと調べたこと色々。

南アジアで子育て

子ども喜ぶ ちぎりパン作り クマ型

今日は大学生の時から何かとお世話になっている先輩のお宅にお邪魔して、奥様にパン作りを習ってきました。

 

幽霊部員をしていたサークルで私が大学一年の時に四年だった先輩、なぜだか就活の時にはESを添削してもらったり、先輩が社会人になってからはご飯をご馳走になったり、結婚されてからは奥様の手料理をご馳走になったりと、繰り返しになりますが何かとお世話になっている先輩です。息子さんも4歳になり、すっかりおしゃべりしてました

 

日当たりのいい素敵なおうちにお邪魔して、早速パン作り開始🍞

計量もしてくださっていたので、こね作業から・・!きちんとグルテンの膜?が貼れるまでこねる。バターは後から足してこねる。

1次発酵中にお昼をご馳走になって、色々とおしゃべり。

おしゃべりしてるとあっという間。発酵が終わったら、9個(16個でも)に分けて、成形。今回は中にチョコチップを入れました。丸めて、耳をくっつけて、さらに膨らんだ時に耳が取れないように固定して2次発酵へ。

 

発酵が終わったら、溶き卵を塗ってオーブンへ。

f:id:chinamk:20180120213334j:plain

写真では見えづらいが、奥様が作ったクマはつるんとしている。

 

190度で15分焼いて、完成👏

お手本で書いてもらった顔を参考にして、チョコペンで顔を描いて、完成。

チョコが乾くまで近所の公園で凧揚げ。のどか。

f:id:chinamk:20180120213556j:plain

絵心がないなりにも顔のバリエーションをつけてみました。

 

ちぎりパンの本を見ると、粉に色々なパウダーを混ぜて着色してキャラクターにしたりとバリエーションがすごい。その場合はアルミホイルをかぶせて、焼き色がつかないようにするそうです。ただ奥様曰く、やっぱり焼き色をつけて焼いた方が味は美味しいとのこと。

早速ちぎりパンの本とスクエア型のセットをネット注文しました。

 これです↓

どうやらちぎりぱんって結構前にブーム来てたのですね・・知らなかった。

 

届いたら作ってみよう。作れたら米粉の割合を増やしていこう・・!シナモンロールとかも作って見たいし夢広がります。

先輩の息子さんも可愛いと褒めてくれました。☺️

 

バングラディシュに行ったら時間ができるし、ネットでできる仕事になりそうなこと探そうとしてた&スキルを身につけるための授業とかに通おうとしてたけど、友人から「稼げるおかんよりパン作りが上手いおかんの方が子ども喜ぶやろ」と言われ、かなりなるほどと思いました。パン作りは何かと人付き合いにおいても役立ちそうなので、是非日本にいる間にスキルアップしておきたいなぁ。と思いました。

 

あと、海外に住むことに抵抗ないの?と言われました。確かに熱帯の国、大の苦手な虫もたくさんいる国でやっていける自信は100%ではないけど、日本で母子2人で暮らすよりはどこであっても家族みんなで暮らす方が楽しそうだなぁとなんとなく感じているから行こうと思えるのだと思います。あとはインドでも南アフリカでも、住めば都という話をよく聞くのと、夫自身が割と楽しそうにしているからかと。家族の絆も強まりそうだし、なかなかできない人生経験なのでうまく行ってもいかなくても面白そう。初日から蚊に刺されまくって帰りたいと泣いてるかもですが。

 

妊娠250日目、ついに予定日まで30日となりました。

お腹が重いし実家から駅までの道のり(徒歩15-20分)もかなりハードになってきましたが、引き続き動けるだけ動きたいと思います。。!

 

f:id:chinamk:20180121185421j:plain

困り顔クマくん